blog index

埼玉憲ジーの近場放浪記

2016年にサラリーマン生活から卒業して、窮々自適な年金生活に入りました。百名山と百観音もなんとかやり終えて、隊長けんの武蔵野レターもフィナーレ。家庭と懐事情から遠距離旅も引退やむ無しながら、せめて体が動くうちは、埼玉憲ジーの近場放浪記を続けることにしましょう。
桜巡り旅のゴールは秩父簑山

3月22日の姫路城、23日の熊本城から始まった今年の桜巡りの旅。
大分、小倉城、名古屋城、東京、伊豆、埼玉、群馬、秩父、山梨と巡って最後に訪ねたのは、先週残雪と五分咲き情報でパスした秩父の簑山です。

4月18日の木曜日、東武線と秩父線を乗り継いで10:11に親鼻駅下車。
したと思ったらまた駅構内に戻って線路を横切って反対側の国道を渡りました。こんな駅の構造は珍しいですね。

紅垂れ桜の咲く万福寺前から関東ふれあいの道を辿って、久しぶりの登山道歩きです。
足元にスミレやマムシ草などの山野草を見ながら新緑の森林浴を楽しむうちに、つつじが咲く開けた園地になったところから、

散り急ぐ桜の奥に満開の桜や垂れ桜など多種多様な桜の木々が山を彩っていました。

駅前150mから1時間15分で標高587mの簑山山頂にたどり着いたところが、美の山公園として整備された桜の名所でした。
展望台からはぐるっと360度が見渡せて、

秩父の盟主両神山や

武甲山、さらに奥武蔵の山並みなどが快晴と初夏のような陽気の中で大パノラマを見せてくれました。

私は、コロッケパンとアップルパイでランチを済ませて満開の桜と最後のツーショット。
滞頂30分で下山道を辿りました。

向かったのは和銅黒谷駅で、名前の由来となった日本最古の貨幣和銅開珎の巨大記念碑を見てから、50分で小さな駅に着きました。

標高は低いながら、久しぶりにそれなりの山歩きと今年最後の桜を楽しんで、武甲山を正面に秩父鉄道から西武線とJRを乗り継いで、秋津名物巨大焼きとんを手土産に帰路に着いたのでした。

| 隊長けん | モブログ | 22:05 | comments(0) | - |
富士には桜がよく似合う

富士には月見草がよく似合う…と言ったのは太宰治ですが、やはり春の富士には桜ですよね!(^O^)…
ということで桜追っかけ旅はまだ続いて、4月16日の火曜日は、山梨県下吉田の新倉山浅間公園に目の前の富士山と満開の桜と五重塔のコラボ風景を観に行きました。
孫々との週末が明けて、どうしようかと思って、たまたまバスツアーのチラシ見てたら浅間公園コースが出ていて、そうだ!ここへ行こう!(^O^)…と急遽思い立ったのです。

もちろん自力で、朝8時20分の電車に乗って高尾始発9:18、大月から外人さんで超満員の富士急行に乗り換えて10:49に下吉田に着きました。

浅間公園が春の観光名所として脚光を浴びたのは数年前からでしょうか!?

私も富士山と満開の桜と五重塔のコラボ写真を見るたびに一度行ってみたいと思いながら、なぜか実現できなかったので、今回はドンピシャのタイミングと快晴で最高の桜巡りとなりました。

下吉田駅からも多くの外人さんたちの人波に揉まれながら、398段の石段を上がって20分ほどで戦没者慰霊五重塔の建つ公園に到着。

行列しながらビューポイントを確保してなんとか富士山と満開の桜と五重塔の見事なコラボ写真をカメラと記憶にに収めることができました。

午前中に着いたおかげで富士山も雲一つなく、青空に映える雪化粧姿を見せてくれました。桜もまさに満開で文句なしの景観でした。

カメラマンはヘボでしたけどね(((^_^;)…
帰りの富士急は駅に着いた時に着席券を買っていたので、ゆったりと座ることができました。
13時に大月駅で下車して、せっかくなのでもう一つのビューポイント、岩殿山丸山公園に向かいました。

スカイツリーと同じ標高634mの岩殿山ですが、中腹にある丸山公園からの富士山と桜のコラボもなかなか見事なので期待して登山口から10分ほど登ってたどり着いた展望所に立ちました…

が、午後になって富士山には霞と雲がかかり、桜もかなり散っていました。
ここには何回か来ているので、まあいいかなと気を取り直して…

最後に向かったのは、大月の名店正華です。

もう30年来山の帰りのお疲れさん会場ですが、一人で切り盛りする名物ママさんは、腰の手術からたった2週間で復帰して今日も元気に、絶品餃子とかた焼きそばを作ってくれました。
しばし、腰痛と膝痛談義に花を咲かせてから、ビールと酎ハイで心地よく帰路に着いたのでした。

| 隊長けん | モブログ | 10:59 | comments(0) | - |
孫々ファミリーとの週末

4月13日、14日の週末は、都内の長男ファミリー宅に泊まりがけでお邪魔虫しました。
土曜日の朝7:30に居宅着。産休育休最終日に、友人とのゴルフで久しぶりに二人で外出する両親を見送る孫々と3人で夕方まで留守番です。

とは言っても孫ちゃんは一人遊びに興じ、愛孫ちゃんもまもなく食後の朝寝タイムになって私ものんびり過ごしているうちに、家事を済ませてから到着した埼玉バーさんに愛孫ちゃんを頼んで、私は孫ちゃんとバスに乗って、ドラえもんの映画を観に行きました。
封切りからもう1ヶ月半だというのに客席は親子連れでほぼ満員だったのにビックリ…予告編もアニメや子供向けのオンパレードで、お子さま頼みの日本映画界の現状を思い知りました。
マックバーガーを食べてから夕方帰宅した時は埼玉バーさんは退散していて、勢揃いのファミリー4人と近所のバーミアンで夕食を共にしました。
実は、翌日は来月1才になる愛孫ちゃんの赤ちゃんオーディションのために両親と3人でお出かけ。
孫ちゃんと留守番のために私は一泊することになったので、孫々就寝後は大人3人でワインタイムを楽しみました。
ということで日曜日の朝は6:30に起床。
ファミリーと5人でお嫁ちゃんのおもてなし朝食を食べて、孫ちゃんの宿題を手伝ったりしてから、あわただしく9:40にみんな揃って出かけました。

オーディション会場に向かう3人と高田馬場で別れて、孫ちゃんと私は池袋へ。
ROUND1のボウリング場は1時間待ちのはずがなかなかコールされず、騒々しいゲーセンの中でマリオカートゲームにも飽きた孫ちゃんと待ちくたびれたところに、オーディションを終えた3人組から連絡が入ったので、ボウリングは諦めて5人揃ってブラジル肉料理屋でランチタイムにしました。

牛、豚、鶏、羊の肉と野菜食べ放題、アルコール飲み放題の豪華ランチでもう満腹満杯になって、午後3時前に池袋駅前でファミリーと別れて埼玉への帰路に着いたのでした。
来週からは仕事と子育て両立のファミリーのサポートが私にとっては楽しみです(^O^)…
もし…愛孫ちゃんがオーディションに合格したら!?…テレビやらスタジオやらに付き添いジジー役になるかも!?なんてね(((^_^;)…

| 隊長けん | モブログ | 15:32 | comments(0) | - |
桜巡り秩父編

今年の桜巡りの旅もそろそろ終わりに近づいてきました。近場放浪者としては、東北や北海道まで足を延ばすのはとても無理です。
ということで4月11日の木曜日は、秩父の桜の名所巡りに出かけました。
当初は、簑山に登って桜の名所美の山公園に行こうかと思っていたんですが、なんと4月だというのに前日の関東北部の大雪で秩父地方も結構な積雪があったようで、簑山の桜もまだ5分咲き程度の情報もあって平地歩きに変更しました。

朝8:40に自宅を出て東武線の志木駅まで歩く途中、畑の真ん中の一本桜も見事に咲いていました。

東武線で寄居駅から秩父鉄道に乗り換えて10:52に長瀞駅下車。地上の雪は跡形もなく消えていました。
長瀞は荒川上流の岩畳やライン下りなど秩父の観光名所ですが、日本百選の桜の名所としても有名です。私は岩畳、宝登山のロウバイ、札所巡りなど何度も長瀞を訪ねていますが桜の時期は初めてです。

観光案内所の薦めでまずは北桜通りの桜のトンネル歩き。

荒川の流れに沿って2.5キロの桜並木が続いていますが私は1キロでUターンしました。

次は線路沿いの南桜通りを歩いて、ちょうど通過した秩父鉄道とのコラボを撮影しました。

さらに、駅前から宝登山神社の参道まで連面と続く見事な桜並木を歩いて、

宝登山ロープウェイ乗り場近くまで行ってみました。
長瀞の桜はそこまでにして、秩父鉄道で次に向かったのは、西武線との乗り換え駅も通過して、終点の三峰口駅に近い武州中川駅。

しばしホーム越しに見える昨日の雪を山肌に残す武甲山と垂れ桜を眺めてから向かったのは、600年の歴史をもつ垂れ桜が立ち並ぶ青雲寺。

天然記念物に指定されているエドヒガンザクラはほとんど散っていましたが、色鮮やかな紅垂れ桜はちょうど見頃で、

境内を濃いピンク色の桜の花が埋め尽くしてまさに壮観でした。
参道の露店で農家特産の落花生とイチゴを土産に買ってから、15時に西武線への乗り換え駅御花畑に戻りました。
まだ日が高いので、秩父のもう一つの名所芝桜の羊山公園に向かいました。
色採りどりの芝桜がパッチワークのように広がる羊山公園ですが、芝桜まつりは明日からということでこの日は運よく!?入場無料でした。

周辺の広場はソメイヨシノや垂れ桜などが一面に咲いて、まさに桜の名所にもなっています。

そして極めつけは、やはり芝桜と壮大な武甲山とのコラボです。

まだ咲き始めながらちゃんと色付いた芝桜と雪が残る武甲山の姿は感激もので、私も一緒に入ってスリーショットに収まりました。

秩父の桜三大名所を巡って満足気分で西武秩父駅に戻ったら、ちょうど16:08の急行が出るところだったので、土産物処食事処を横目にして私はそのまま帰路に着いたのでした。

| 隊長けん | モブログ | 11:38 | comments(0) | - |
横川駅からアプトの道歩き

4月9日の火曜日は、青春18キップ最後の1枚で、新潟高田城の桜を観に行くつもりだったんですが、前夜の終日雨予報で残念ながらドタキャン。
急遽、来週に予定していた群馬県横川駅からのアプト道歩きに変更しました。
朝6時に起きた時は埼玉は快晴。10時前に高崎経由信越線の横川駅に下車した時も快晴のハイキング日和でした(^O^)…
20年前に横川駅から軽井沢間の信越線が廃線となって、その線路跡の一部がアプトの道として碓氷峠トロッコ列車線と並行した遊歩道になっているんですが、横川駅からバスで軽井沢に行ったり、横川駅までSLに乗ったりしたことのある私も、アプトの道を歩くのは初めてでした。

妙義連山の険しい岩稜や満開の桜を眺めながら、アプトの道の起点から観光案内所で駅ハイの受付。

なにせ廃線の線路跡を辿る一本道なので迷いようもなくひたすら前を向いて歩きます。

まもなく碓氷の関所跡の東門に立ち寄ってから、またトロッコ列車線脇のアプトの道に戻ってひたすらの直進。

線路脇の桜並木にはまだ蕾をつけた木もありました。今日も上州の空っ風は冷たかったです。

レンガ造りの旧丸山変電所は、碓氷峠を懸命に走る列車にパワーを補充する設備だったようです。

霧積川を渡ったところで廃線のレールとトロッコ列車線路も終点。

ここからはトンネルと橋梁の連続となりました。

ふたつのトンネルを抜けた先の眼下にはダム湖の碓氷湖が見えました。

さらに連なって見える3つのトンネルを抜けた先では、アプトの道最大の名所めがね橋を渡ります。

200万個のレンガで造られている日本最大の4連アーチ式鉄道橋で、長さは91m、国道18号線からの高さ31m。明治25年に完成した碓氷峠のシンボルです。

高所恐怖症の私としては、下を見ないようにして、なんとか橋の真ん中を歩いて渡りました。
そこからは5つのトンネルの連続で、やっと抜けた先がアプトの道折り返しの熊ノ平駅跡でした。
熊ノ平といえば、アプトの道沿いにいくつもの熊出没注意の看板がありましたが、一本道で遭遇したら逃げようがないなと思案しましたよ(((^_^;)…。

熊ノ平には、大災害で数十人が犠牲になった歴史もあるようで、ホーム跡には受難の碑も建てられていました。
ひたすらの上り道がやっと終わって11:55にUターンの下り道を歩き始め。
今度はスイスイと風を切るように?歩みが進んで、

途中に中山道の山道を覗いたり、碓氷湖と春山風景で小休止したりしながら、鉄道文化むらや駅裏の桜を眺めてから13:30に横川駅にゴールしました。

もちろん横川といえば荻野屋の峠の釜めしを食べてから14:10発の信越線に乗車。

車窓からは妙義山の奥に真っ白な頂の浅間山も大きく見えました。
高崎駅では、自宅の留守部隊土産にまた峠の釜めしと高崎名物だるま弁当を買ってから、浦和経由で帰路に着いたのでした。

| 隊長けん | モブログ | 11:34 | comments(0) | - |
黒目川から目黒川桜巡りと芸術の春

3万歩近く歩いてちょっとくたびれた土曜日の翌日4月7日の日曜日も、朝から目白押しのスケジュールで都内へ出かけました。
まずは埼玉県民の責任として県議会議員選挙に1票を投じてからバスで昨日のゴール志木駅へ。
隣の朝霞台駅で下車して、まずは埼玉の桜続編で、黒目川桜まつりを見物しました。

黒目川もいずれ荒川に繋がる支流ですが、土手沿いにはたくさんの桜が植えられて見事な景観を見せてくれます。

東武線の列車と満開の桜、菜の花のコラボは私のお気に入りです!(^O^)…
和光市駅からはメトロの24時間キップ600円で11時前に都内巡りのスタート。
まず向かったのは乃木坂です。駅から直結の国立新美術館で開かれている示現会展を鑑賞。

元職場の先輩Mさんが会員で、毎年タタミ2畳もある巨大油絵を出展していて、今年のテーマは例年のヨーロッパ街並みから一変して、落ち葉の帰り道というのどかな学校帰りの風景でした。それにしてもこの展覧会には巨大な油絵ばかり1000点も飾られていて圧倒されます。

そして美術館の前には大きなソメイヨシノが立ち並んでいて、毎年美術展の時期に咲いていますが、今年はまさにドンピシャの満開でした。
次は六本木駅からメトロで中目黒駅へ。
言わずと知れた桜の名所目黒川沿道もちょうど桜まつりの最中で、歩くのもやっとの大混雑でしたが、

やはり東急線とのコラボや目黒川に枝を伸ばす満開の桜並木は見事でした。

人混みを抜けて足早にメトロに乗って今度は副都心線の東新宿駅で下車。
二つ目のイベントは、これも春秋恒例のクラシックコンサートです。
まずはてんやのミニ野菜天丼でお腹を満たしてから会場の新宿文化センターへ。

中学校同級生が団長をしているオーケストラアンサンブル豊島の定期演奏会で、もう25回目です。
私はここ数年年に2回鑑賞していますが、心地よいクラシックの世界を楽しんではいるものの、まったく知識は深まりません。
それでも、モーツァルトへのオマージュ、ベートーベン交響曲第2番、組曲展覧会の絵をたっぷり堪能して…途中ちょっとコツクリタイムもありましたが(((^_^;)…16時前に会場を出ました。
この日のイベントは渋谷で夜の部もあるので、メトロで明治神宮前駅で下車。
桜巡りの締め括りは花見のメッカ代々木公園です。

案の定原宿入場門から世界の国からこんにちは群衆で溢れていましたが、一応公園の桜広場までたどり着いて、大宴会会場と桜のコラボ?を撮影して、そそくさと南門から退場しました。
いつも休日にイベントのあるNHKホール前の広場では、アウトドアメーカー勢揃いの展示イベントが行われていましたが17時で終了タイム。

私はギリギリに飛び込んで屋台のモチモチポテトと焼きそばに生ビールを購入。
早めの夕食で夜のイベント前の腹ごしらえを済ませました。
そして不夜城の渋谷タウンにボチボチ夜のとばりが降りる18:30になって、道玄坂のライブハウスで、友人のKさんと二人で大学仲間の子息はたなか圭一くんのライブを鑑賞しました。

彼のライブはもう10回以上聴いていますが、なかなかのエンタメぶりで、この日のツーマンライブではオリジナルのほかに、ゆずの大ヒット曲栄光の架け橋を彼のピアノ弾き語りと息の合ったデュオのハモリで聴かせてくれました。
たっぷり1時間のライブを楽しんで本日のイベントはすべて終了。
渋谷駅で友人と別れて、メロメロになった足を引きずりながら、メトロの直通電車で帰路に着いてのでした。

| 隊長けん | モブログ | 15:40 | comments(0) | - |
桜巡り埼玉編

東京、伊豆に次いでの桜巡りは地元埼玉です。

まずは4月5日の金曜日に、自宅から徒歩30分の柳瀬川土手沿いの桜並木を見物しました。

柳瀬川沿いの桜はあちこちで見られるようですが、川越街道から柳瀬川駅方面への遊歩道を埋め尽くす桜並木もなかなか見応えがあってちょうど満開。

今日も幼稚園児からファミリー、ハイカーグループまで大勢集まっていました。

私は、せっかくなので、桜見物の後は、すぐ近くのシネコンで、埼玉の桜にちなんで?…結構話題になっている…らしい?翔んで埼玉という映画も鑑賞。
どっぷり埼玉に浸かってから帰宅しました。
そしてあくる6日の土曜日も、翔んで埼玉の舞台にもなったどっぷり埼玉の熊谷駅から桜巡りハイキングに出かけました。
熊谷を訪れたのは昨年9月の丘みどりちゃんキャンペーンライブ以来ですが、その時も中山道宿場跡などを少し歩きました。

今回は10時前に改札前で受付してから駅ハイコースに従って歩き始め。
まずは北口から用水路の星川沿いを歩いて、熊谷市役所隣の中央公園へ。
姫様の垂れ桜や

歌舞伎の市川団十郎が植樹した桜を眺めてから、去年も詣った高城神社と

店内に旧中山道跡を残す八木橋百貨店、近代化産業遺産の片倉シルク記念館、

回遊式庭園の星渓園と熊谷の歴史と文化の道を辿ってから熊谷桜の堤を歩きました。

江戸時代から桜の名所として知られ、「日本さくら名所100選」の一つだとかで、荒川の土手沿い2キロにソメイヨシノ500本が植えられて、見事な桜並木が続いていました。

折しも満開と桜吹雪の青空の元で、屋台もたくさん並んで花見気分は最高潮!…大勢の花見客に交じって、私もたこ焼きランチを楽しみました。
大渋滞の人と車の列の合間を縫って街中に戻って、

旧堤の一部を残した万平公園で静かに最後の花見を楽しんでから熊谷駅にゴールしました。
正午前に熊谷駅から帰路に着いて浦和駅経由でそのまま帰宅…するのはもったいないので、

武蔵野線の西浦和駅で下車して、桜は桜でもサクラソウの自生地を訪ねました。
昨年3月に訪ねたときは早すぎてまったく咲いていませんでしたが、今年はドンピシャ!…と思ったら見頃は来週ということで…

それでもチラホラと可憐なサクラソウの花が見られました。
サクラ草公園の奥は荒川貯水池や広い公園になっていて、満開のソメイヨシノの回りには花見の家族連れが大勢いました。

さくら水門と鉄橋と桜のコラボもグッドでした。
せっかくなので、徒歩で恐々と秋ヶ瀬橋を渡って志木市の街中へ。

市役所近くの柳瀬川と新河岸川合流地点に広がる

親水公園もまた桜の名所として、大勢の花見客で溢れていました。
結局西浦和駅から志木駅まで2時間かけて歩いてやっと本日のゴールイン。
お腹も空いたので、駅ビルで青葉のつけ麺を食べてからバスに乗って帰宅しました。

| 隊長けん | モブログ | 15:39 | comments(0) | - |
駅ハイ伊東から桜巡り伊豆編

4月からの駅ハイ新シリーズの最初は、4月4日の木曜日に青春18キップで伊豆の伊東まで行って、大室山のサクラの里から桜トンネルが続く伊豆高原駅まで歩きました。

朝6:30に家を出て、赤羽駅から上野東京ラインで熱海駅経由10時に伊東駅下車。

満員バスでシャボテン公園に11時過ぎに着いて、公園入口で駅ハイの受付…

だけでシャボテン公園には入らず、まずは目の前の大室山にリフトで登りました。

標高580m、見事な円錐形の大室山は国の天然記念物にも指定されていて、祀られている神様は富士山と姉妹なんだとか。

リフトで6分の山頂からは太平洋と富士山の絶景が一望の大パノラマが広がっていますが、直径300m、周囲1000m、深さ70mの噴火口跡のお鉢巡りで、まさに360度の大展望をぐるっと満喫できました。

麓に下りてすぐのサクラの里は、広い敷地に10種類ほどの桜の木々が植えられていて、今はちょうどソメイヨシノが満開。

大室山と桜の…はたまた頭を覗かせる富士山と桜のコラボが見事でした。

私はここでお茶と駅弁タイムにして、ゆっくり花見を楽しみました。

ペンション村や別荘地が広がる伊豆のリゾートタウンを眺めながら、まだ閉園中の花しょうぶ園へのルートをショートカットしてそのまま伊豆高原駅へ直行。

駅前から延びる道路は桜のトンネルとして有名ですが、まさにドンピシャ、見事な満開の桜並木トンネルの中をゆったり歩きながら、

14時過ぎに伊豆高原駅へゴールしました。
伊豆高原から城ヶ崎海岸へかけての海岸線歩きも素晴らしい景観ですが、この日は桜巡りが目的だったので、14:25の伊豆急普通列車から熱海で上野東京ラインに乗り継いで、そのまままっすぐ帰路に着きました。

| 隊長けん | モブログ | 16:08 | comments(0) | - |
桜巡り東京編

4月1日はテレビに釘付けになって、新元号令和の発表を観ていました。
明けて2日の火曜日は、都内で友人との飲み会の予定があったので、満開の桜巡りに出かけることにしました。

まずは期間限定で開放されている皇居乾通りのサクラ見物へ。
混み具合が分からないので早めに自宅を出て、東京駅から開門後間もない9時半に坂下門に着きましたが、すんなりと入場できたので、

130本ほどの桜を眺めながら30分足らずで

乾門から退場しました。

その先は北の丸公園から桜の名所千鳥ヶ淵へ。

ボートの待ち時間3時間という人波でしたが、ここでも主役は外人さんたちでした。
お次は靖国神社。境内に東京の開花の基準木がある靖国神社ですが、

鳥居から本殿に頭を下げてUターン。
以前平成まんじゅうを買った土産物の売店を覗いたら、

期待通りできたてホヤホヤの令和せんべいがあったので買い求めましたよ(^O^)…
坂道を九段下まで下りて駅前のマックでハンバーガーランチとスマホを充電してから、また坂を上がって靖国神社入り口の早稲田通りから飯田橋に向かいました。
実は九段下駅のメトロ事務所でこの4月から新シリーズとなる、駅から始まる散歩道スタンプラリーの案内を貰ってマックで作戦?を検討していたのです。
ということで、ちょうど最初のラリーコースは飯田橋の神楽坂周辺だったので、早稲田通りからまっすぐ神楽坂に向かいました。

駅手前の土手を上がったところからJR線路と外濠沿いの桜を見物してから、神楽坂で、外濠テラスのカナルカフェ、ペコちゃんの不二家、

徳川家の祈願所でもあった毘沙門天善国寺の3ヶ所でスタンプを押してメトロラリーはゴール。

外濠通りに戻って桜並木が続く市ヶ谷駅まで歩きました。
この時点で時刻は14時。夕方の飲み会まではまだたっぷり時間があったので、足を延ばして井の頭公園に行くことにしました。
三鷹行きの各駅停車に乗って降りたのは西荻窪駅。
小中高時代を過ごした懐かしい街をぶらり散策しながら、母校の前を通って井の頭線の久我山駅からふた駅の井の頭公園駅で下車しました。

桜の名所井の頭公園は、平日なのにあちこちにブルーシートが敷かれて、明るいうちから宴会モードが溢れていました。

私はしばしベンチに座って、満開の桜の木に囲まれた池を行き来するスワンのボートやカップルたちの姿を眺めて足を休めました。
吉祥寺駅からは16時過ぎの中央線で新宿経由山手線で大塚駅下車。

都電停車場近くの名居酒屋江戸一で、飲み仲間のオーさん、シュウちゃんと合流して、今日もまた美酒美食を堪能してから帰路に着きました。

| 隊長けん | モブログ | 15:02 | comments(0) | - |
孫ちゃんとスタンプラリー

九州ではまだ蕾から2〜3分咲きだった桜も、東京では3月末にほぼ満開を迎えました。
3月29日の金曜日は、前から約束していた孫ちゃんとの新幹線変身ロボットシンカリオンのスタンプラリーに出かけました。

迎えに行った都内川沿いの土手の桜も見事に咲いていました。

まずはスタートの埼京線の駅で記念撮影。
武蔵野線から京浜東北線に乗り継いで各駅でスタンプを押して、6つ目の大宮駅がゴールとなりました。
スタンプ設置駅は全部で24駅ありますが、孫ちゃんと一緒に栃木の黒磯までは廻りきれないので、前回の9駅と合わせて景品のシンカリオンロボット抽選応募資格の15駅達成でゴールとしました。

参加賞の缶バッジを貰ってから、孫ちゃんのリクエストでテッパクまで足を延ばしておまけのスタンプをゲット。
展示されているはずだった巨大シンカリオンロボットは、残念ながら前日でサヨナラでしたが、

ミニ新幹線に乗ったり、しばらく遊んでから愛孫ちゃんの待つ自宅へ送り届けて、

お嫁ちゃんの手料理で夕飯もご馳走になってから、ホクホクと帰路に着きました。

| 隊長けん | モブログ | 14:39 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ