blog index

埼玉憲ジーの近場放浪記

2016年にサラリーマン生活から卒業して、窮々自適な年金生活に入りました。百名山と百観音もなんとかやり終えて、隊長けんの武蔵野レターもフィナーレ。家庭と懐事情から遠距離旅も引退やむ無しながら、せめて体が動くうちは、埼玉憲ジーの近場放浪記を続けることにしましょう。
うれしいニュース
11月半ばの1週間は駅ハイは小休止。
14日の火曜日に神田駅から歩き始めたんですが、雨に降られたので途中リタイア。みどりの窓口で12月の伊豆へのファミリー旅行のチケットを買って帰宅しました。
その後は、自宅で水道工事の立ち会いやガン検診と歯科治療の病院通い、アメコミ映画鑑賞の日々でした。
そんな中でのうれしいニュースは、私のご贔屓の歌手丘みどりちゃんが、なんと念願かなって初の紅白歌合戦出場が決定したのです!\(^^)/
映画館の席でNHKニュースをチェックしたら、ちょうど出場歌手発表の速報が入って、初出場組のトップに丘みどりちゃんの名前があって、映画そっちのけで?思わずウルウルしました。
すぐにブログにおめでとうコメントを送りましたよ!!(映画は本編開始前でした)。
その翌日は病院のあと、急遽横浜の和食店もりべに行って、みどりちゃんのアルバムを聴きながら、ご主人と同席のお客さんとも喜びを分かち合いました!(^-^)v
18日土曜日の久しぶりの山歩き計画は残念ながら雨天中止。
今週末はのんびり静養です。
| 隊長けん | モブログ | 17:18 | comments(0) | - |
駅ハイ高田馬場から秋葉原

前日のアルコールが残る?11月13日の月曜日は、駅からハイキングで高田馬場から秋葉原まで歩きました。

高田馬場は学生時代から通いなれた所ですが、ゆっくり歩くのは初めてかもしれません!?
早稲田通りをぶらぶらと歩き始めて、早稲田松竹のヒッチコック特集に引き込まれそうでしたが、グッと堪えて歩行継続。

地下鉄早稲田駅前の夏目漱石ゆかりの誓閑寺、漱石生誕地の石碑は今日初めて訪ねました。
開館したばかりの漱石住居跡の山房記念館に立ち寄ってから、昨日訪ねたばかりの神楽坂を上り下り。坂を上り返す底がなぜか神楽坂上の地名で不思議でしたが、月曜日なのにけっこうな賑わいでした。
赤城神社、善國寺から飯田橋駅手前の外濠通りを左折して小石川後楽園へ。

都内庭園紅葉巡りコースのひとつでもある庭園内は水戸徳川家の上屋敷跡ですが、池を廻る木々の紅葉も一段と艶やかになっていました。
東京ドーム脇から中央線伝いに水道橋駅、御茶ノ水駅近辺を過ぎて、神田明神を左手に見ながら、交差点を直進したところがゴールの秋葉原駅でした。

約9キロ、2時間半の街歩きで今シーズンの駅ハイチャレンジは43コース、400キロを越えて東京駅からの換算で宮城県古川駅にたどり着いたことになります。

| 隊長けん | モブログ | 17:18 | comments(0) | - |
メトロ飯田橋から中学同期会

11月12日の日曜日は、たしか5年ぶりに、新宿のホテルで中学校の同期会が開かれました。
開始が15時で、天気もよかったので、その前に、昼に家を出て飯田橋駅周辺のメトロスタンプラリーに参加しました。
駅前の外濠通りを横断してつながる早稲田通りと神楽坂通りを行ったり来たりして、青森アンテナショップと陶器の店、お香の店の3ヶ所でスタンプをゲット。

ちょうどこの日は大江戸まつりのイベントが開かれていたようで、神楽坂通りは歩行者天国。大道の演奏や神楽坂芸者さんの練り歩きなど風情たっぷりでした。
でも、こちらは同期会の時間に追われて大急ぎで都営大江戸線に乗車。
都庁前で下車してなんとか集合時間に間に合いました。

今回もまた、アメリカからの参加者も含めて懐かしい顔ぶれが50人ほど集まって、立食パーティーとバーでの2次会まで、4時間ほどよく飲み、よく食べ、よく語り合って楽しい時間を過ごすことができました。
いつもながら会場探しや通知、パーティーの演出にご苦労いただいた名幹事さんに感謝です。
この5年の間にも訃報があったようで、寂しい思いもしましたが、また元気な顔で5年後に?同期会が開かれる日を楽しみにしたいものです。

| 隊長けん | モブログ | 16:43 | comments(0) | - |
ゴルフと庭園紅葉巡り

11月10日の金曜日は2ヶ月ぶりに、オーさん仲間3人と茨城県牛久沼近くのコースで相変わらずのヘボゴルフをしてきました。

天候は絶好でしたが、プレーは絶不調…というより実力通りなので楽しめれば文句ありません。場所柄、ランチはうな丼を奮発しましたが、牛久沼のうなぎではなかったようです。
帰りはまたオーさん邸近くのいつもの店で日本酒と格安つまみで盛り上がりました。
翌11日はなんと、築地の病院でCT検査。前日のアルコール禁止とは言われていなかったので多分影響ないとは思いますけどね??
検査のあとは、現役時代によく通った中華店で五目焼きそばを食べてから、メトロで駒込駅に移動して、都立庭園スタンプラリーの第3弾を楽しみました。

まずは六義園。柳沢吉保が築園した広大な大名庭園で春の垂れ桜が有名ですが、秋の紅葉もなかなか見事です。

駒込駅を素通りして本郷通りを北上したところが古河庭園。

ここは、日本庭園とともに、洋館の周囲にバラが咲き誇る洋風庭園が見事で、秋の今もたくさんのバラが艶やかに咲いていました。

日本庭園の紅葉も美しく、六義園とは対照的に和洋の箱庭をいっぺんに楽しめる名園です。
ここでスタンプが5つ貯まったので、公園事務所を訪ねて来年の庭園カレンダーをいただきました。
帰り道は京浜東北線の上中里駅へ。

途中の平塚神社脇のだんご屋平塚亭は、人気ミステリー浅見光彦シリーズの舞台にもなっていて、ファンである私も必ず立ち寄りますが、この日もお土産にハチミツまんじゅうと豆大福を買いました。
テレビの新シリーズの主演俳優の評判など、店のおかみさんと雑談を交わしてから帰路に着きました。

| 隊長けん | モブログ | 17:39 | comments(0) | - |
駅ハイ有楽町から築地へ

11月8日の水曜日はあれこれ慌ただしい1日でした。
駅ハイ東京シリーズ5回目は有楽町駅からつい先月も歩いた皇居東御苑を歩くルートでしたが、江戸南町奉行所跡で自撮りしたあと、雨もポツポツ降ってきたので途中でリタイア。

雨宿りがてら?ハリソンフォードの最新作ブレードランナー2049を丸の内ピカデリーで観賞しました。

雨も上がった午後には、カレンダー目当ての都立庭園紅葉スタンプラリーで、浜松町駅から箱庭のような芝離宮を訪問。

そのまま歩いて、今度は広大な浜離宮を訪ねました。
徳川将軍家の庭園として浜御殿とも呼ばれる浜離宮には、大型バスで外人の団体さんも訪れていました。

どちらの庭園も池が巧みに配された見事な景観ですが、紅葉はまだボチボチというところでした。
夕方には、築地にある元の職場を訪ねてグループ各社にもごあいさつ。
この日は年に1回のOB会だったので、会館に場所を移動してOB総会と懇親会で諸先輩、同僚、現役諸氏たちと語り合いました。
20時前にはお開きになったので、同期のシュウさんと連れ立って茅場町へ。
毎度お馴染みの和一で、店長を交えてまた同期会?を楽しみました。
自宅にたどり着いたのは深夜0時過ぎ。
久しぶりにシンデレラタイム越えとなりました…ヤレヤレです。

| 隊長けん | モブログ | 14:54 | comments(0) | - |
駅ハイ三鷹と庭園紅葉巡り

11月6日の月曜日も駅からハイキングに出かけました。
年内はできるだけ近場で、交通費を抑えて数を稼ごうと思っています!?
もちろん足腰トレーニングが一番ですが、駅ハイチャレンジでプレゼント応募用の年度ポイント稼ぎも目的です。
ということでこの日は中央線の三鷹駅。自宅から45分で着きました。

今回のコースは杏林大学の学生がプランナーなので、受付は全員女子学生!…思わず頬が緩みました!!

南口から線路づたいに西へ歩いて太宰治ゆかりの跨線橋で北口に渡って、玉川上水の沿道を今度は東へ歩きます。

三鷹駅の先から地下通路を抜けてまた南口へ出ましたが、玉川上水も地下で線路を跨いでいるようです。
そのまま玉川上水の沿道歩きが続いてしばらく行くと、まもなく井の頭公園に入りました。

弁財天に参拝して、池の周りを散策。

紅葉もそろそろいい色合いを見せ始めてくれていました。
ルートは神田上水から三鷹台まで足を延ばすところでしたが、最近歩き過ぎで膝の調子もイマイチだったので、私はそのまま吉祥寺駅にゴールしました。
帰り道では、国分寺駅で途中下車して、今週から始まった都立庭園紅葉巡りスタンプラリーの対象になっている殿ヶ谷庭園に立ち寄りました。

さっそく一つ目のスタンプを押してから、あずま屋からの紅葉と池の景観を楽しみました。
毎年貰っている都立庭園カレンダーには5つのスタンプが必要なので、駅ハイの日程に合わせてなんとか11月中に達成したいと思います。

| 隊長けん | モブログ | 16:01 | comments(0) | - |
コンサートと駅ハイ浦和

九州から帰って落ち着くまもなく翌4日土曜日は、半蔵門で元職場の先輩たちの写真展を見てから、有楽町での待望の丘みどりちゃんのファーストコンサートに行きました。

アイドルとして関西でデビューしてから13年、昨年東京の事務所に移って演歌の道を本格的に歩み始めて、この日が念願のファーストコンサートでした。

私もわくわくドキドキしながら会場の読売ホールに着くと、入場待ちの長蛇の列が繋がっていました。

キャパ1100人のホールは、私同様?年輩男女で満員の盛況。ロビーには有名歌手やテレビ局などの花籠が溢れて、CDや記念グッズ売り場も大混雑でした。
オープニングにみどりちゃんが艶やかな着物姿で登場したとたん、私は思わず涙が込み上げてきました。
10回もの衣装早変わり、オリジナル曲から昭和歌謡名曲の熱唱、日本舞踊や三味線、琴、鼓を採り入れた日本調メロディーの妖艶美など、ペンライトと双眼鏡を手に2時間の感動ステージを心から楽しみました。
コンサートのあとは恒例の?握手会にもしっかり参加しましたよ。

そして翌5日の日曜日は、一転してまた近場放浪、駅からハイキングの再開。

自宅から30分ほどの浦和駅から、歴史ある寺社や中山道浦和宿跡と浦和区民まつり会場を巡りました。
私の地元でも10月に市役所駐車場の市民まつりを覗きましたが、浦和はさすが県庁所在地だけあって?まつり会場も5ヵ所ほどに別れていて、どこも多くの区民で賑わっていました。

出店のコロッケを頬張り、焼き団子を土産に。浦和名物のうなぎ弁当を奮発しようかと思ったら行列だったので、あきらめてそのまま帰りました。

| 隊長けん | モブログ | 17:05 | comments(0) | - |
ウルトラ駅伝応援でサヨナラ

九州里帰りの旅も最終日。
11月3日の文化の日は、北九州八幡で行われた25時間ウルトラ駅伝の応援に努めました。
この駅伝は58チームが参加して、なんと夜を徹して25時間たすきを繋ぎ続けるというビックリイベントで、一周890メートルの公園外周を周回した数で順位が決まります。バトンタッチは何人でも、同一人が何回走ってもOKということで、チーム知夫里は昨日顔を合わせたY田監督と代表の知夫里の大将の元、大将のお孫さん小学生から還暦過ぎの健脚老人?まで約80人が交代しながら走り続けていくのです。

私も昨年から参加を誘われていたんですが、膝の故障を理由に断り続けていて、今回は応援部隊として参加させてもらいました。

大学生、中高生、企業チームがエントリーするなかで居酒屋チームの知夫里は異色ですが、メンバーは実業団や箱根駅伝目指した若者も加わっていて、なんとスタートの午前11時から2時間の時点で全体1位!。若者組から還暦組に代わった3時間の時点でも2位をキープしていて大健闘でした!!

私は、残念ながら帰りの飛行機の都合で応援はここまででしたが、成績はともかく全員の元気な完走を祈るばかりです。
ちなみに目標は25時間で300周。270キロ越えのようなので平均時速11キロ。私は全力で1周走っても追いつきません。
応援しながらも、知夫里の大将の焼き肉やおでんとママのおにぎり、いなり寿司と昼のビールまでご馳走になって楽しい時間を過ごすことができました。
後ろ髪を引かれながらの帰り道はスペースワールド駅から福岡空港へ。

スペースワールドは、スペースシャトルの実物大レプリカをモニュメントにしたアミューズメントパークですが、残念ながら2ヶ月後に閉園になるようです。
その後の駅名はどうするんでしょうか?…なんて余計な心配はともかく、私は博多駅で途中下車して10年前の職場が入居しているビルを眺めて心の中でエールを送り、福岡空港の和食店で早めの夕食を食べてから一路羽田空港に飛び立ちました。
それにしても4日間とも最高の天気に恵まれて、ひとしお心に残る九州旅を楽しむことができました。

| 隊長けん | モブログ | 00:01 | comments(0) | - |
世界遺産の宗像大社へ

里帰り3日目の朝は温かいふとんの中で気持ちよく目覚めました。
7時過ぎにはもう知夫里で大将が用意してくれたハンバーグ、玉子焼き、昆布、味噌汁で大盛ごはんを一膳いただきました。
小倉駅からは7:45の快速列車で博多方面へ40分程の東郷駅下車。
バスに乗って、今年7月に世界遺産に登録されたばかりの宗像大社へ向かいました。今日もさわやかな青空です。

日本と朝鮮半島を繋ぐ神宿る島として、紀元4世紀後半から国家祭祀が行われていたという沖津宮・沖ノ島には近づけませんが、辺津宮・宗像大社と沖ノ島を見渡す大島・中津宮にそれぞれ宗像三女神が祀られています。

宗像大社では重要文化財の本殿から神が降臨した地という高宮祭場、女神が祀られている第二宮、第三宮を参拝しました。
沖ノ島から出土した8万点もの奉献品の多くが展示されている神宝館では金の指輪や龍頭、三角縁神獣鏡など見事な神宝を見ることができました。

宗像大社からまたバスで15分の神湊波止場からはフェリー20分で大島に上陸。

まずは島の北側にある遥拝所の岩壁に立ってまさに神宿る沖ノ島を目にすることができました。

肉眼で見えるのは珍しいということで貴重な体験ができました。

港に戻りながら、引き潮時に歩いて渡れる小島を眺めて、最後は百段近い石段を上って中津宮に参拝して世界遺産巡りを終えました。
フェリーとバスを乗り継いで戻った東郷駅から小倉駅を素通りして終着の門司港駅へ。

レトロな風情と関門海峡を望む門司港はマイフェイバリットポイントで、里帰りの度に必ず訪れています。
数年かけて大改修中の駅舎は今年もまだ工事シートに覆われたままでした。

小倉に帰ってまずは街中の銭湯大黒湯で汗を流して気分爽快。クリカラモンモンの先客がいてビクっとしましたが、それも小倉ならではというところでしょうか!?

旦過市場から小倉城の定番コースを散策してからもちろん知夫里へ向かいました。
この日はちょうど日本シリーズのソフトバンク、DeNAの第5戦が中継されていて、熱烈ソフトバンクファンの先客が大騒ぎでした。
途中から顔馴染みのY田さんが来店してしばし明日の25時間ウルトラ駅伝の話などして、今日も美食と焼酎をたっぷりご馳走になりました。
閉店後はまた大将負債のご自宅でぐっすり熟睡しました。

| 隊長けん | モブログ | 13:41 | comments(0) | - |
五島から福岡復興の街へ

五島福江島で朝を迎えた11月1日水曜日はまた快晴に恵まれました。
オンボロ格安ホテルもアジの開きに昆布、生卵、納豆、焼き海苔、漬物、味噌汁の正しい日本の朝食で、おひつのごはんは食べきれませんでした。
8時にチェックアウトして、一通りの名所は昨日訪ねたので、島のシンボル鬼岳目指して歩き始めました。

空港方面への上り坂を進んでいくと、左手に福江港と五島の島々が眺められ、正面の鬼岳もだんだん大きく見えてきました。
所々で立ち止まってシャッターを切りながらさらに坂道を上り続けて50分程で空港と鬼岳の分岐。
鬼岳まではまだ3キロの登りが続くので、ムムムと迷ったあげく鬼岳山頂はあきらめました。
空港までぶらぶら歩いてフライト時刻の1時間半前の9:30に福江空港に着いてしまいました。
ということで、ついついまた売店を覗いてお土産を買ってしまいました。

五島列島に別れを告げてプロペラ機が向かった先は福岡空港。航路は玄界灘北回りだったので思いがけず懐かしの壱岐の島を上空から眺められました。
福岡空港からは地下鉄と鹿児島本線を乗り継いで二日市駅へ。
さらにバスに乗り換えて、向かった先は7月の九州北部豪雨の被災地朝倉です。
私の復興支援は観光でも現地を訪ねること、と考えているので筑前川近くの三連水車を見に行きました。

田んぼや果樹園にはまだ泥流の跡が残っているところもありましたが、名所の三輪水車は無事に川の流れに顕れて風情ある景観を見せてくれました。

近くの二輪水車も見て、蜂蜜工場でソフトクリームを食べてから、一歩一歩あさくらの復興幟旗を見ながらまたバスに1時間揺られて二日市にリターン。

温泉街の博多湯で汗を流してから快速列車で小倉駅に向かいました。

第2のふるさと知夫里の大将、ママと1年ぶりの再会で乾杯してから、鯛や地魚の刺身、さざえから仕上げの絶品カレーまで食べきれないほどの美食と焼酎を堪能して、よき仲間たちとも歓談できました。

そして、なんと今回の宿泊はご夫妻の自宅ということで、閉店後に3人で歩いて帰ってまた焼酎をを飲み直しました。

| 隊長けん | モブログ | 08:19 | comments(0) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ