blog index

埼玉憲ジーの近場放浪記

2016年にサラリーマン生活から卒業して、窮々自適な年金生活に入りました。百名山と百観音もなんとかやり終えて、隊長けんの武蔵野レターもフィナーレ。家庭と懐事情から遠距離旅も引退やむ無しながら、せめて体が動くうちは、埼玉憲ジーの近場放浪記を続けることにしましょう。
スタンプラリー

1月15日の月曜日は、JRの罠にどっぷりはまって!?…プラモデル欲しさに、なんと都内の65駅を回るガンダム・スタンプラリーに参加してしまいました。
実は、13日の土曜日に北千住を歩いた時に、ちょうど改札前の受付脇にスタンプラリーの掲示板があって、ガンダムのプラモデルなら孫ちゃんが喜ぶかなあ!と思いつつ、帰り道の南千住駅駅と合わせて2個のスタンプを押しておいたんですが、日曜日にあれこれ考えて、よし残りの63駅を1日で全部回ってみようと決めたわけです!…我ながら年甲斐もなくなんという思いつきでしょう。

どれだけ時間がかかるかわからないので、月曜日は朝8時に自宅を出て、最初のスタンプポイント武蔵野線の南流山駅に着いたのが9時前。

新松戸駅から常磐線で取手まで行ってUターン。亀有駅前ではこち亀ともご対面しました。

日暮里から山手線で行ったり来たりして、14駅目の上野で最初の賞品ガンダムシールをゲットしました。改札脇には巨大パンダ親子像が出迎えていました。
そこから宇都宮線で尾久と赤羽へ。埼京線と山手線内回りで高田馬場まで行って、今度は外回りで田端まで。京浜東北線で東十条駅から折り返して神田駅が28駅目で14:50に到着しました。
中央線の東京駅から地下の総武本線で隣の新日本橋駅を折り返し。
そこからは山手線伝いに浜松町駅まで行って、なんとモノレールで天王洲アイルと羽田空港第1ビル駅を折り返しました。
都内のJRは750円の1日パスで乗り降り自由ですが、モノレールは別料金でした。
浜松町駅から今度は京浜東北線伝いに蒲田まで行って品川へ折り返し。山手線に乗り換えた時はもう18時で帰宅ラッシュでした。
人波を掻き分けて新宿駅までたどり着きましたが、渋谷駅のスタンプポイントが埼京線改札口でラッシュアワーの往復800メートル歩きはしんどかったです。
全65駅達成のゴールは秋葉原駅ですが、受付は20時まで。
新宿着18:50の時点で中央線西荻窪駅折り返しで15駅残っていたので、1日での全駅達成は不可能と判断。
この日は57駅目の西荻窪駅をゴールとしました。
19:45に学生時代まで過ごした懐かしの西荻窪駅に着いて、スタンプのあとは中央線の下りで帰宅しました。
そしてもちろん!?…翌日の16日火曜日に、全駅達成を目指して再チャレンジしたことはいうまでもありません。
残り8駅だけなので朝はゆっくり焼きそばブランチを食べてから埼京線で都区内キップ始発の浮間舟渡駅経由新宿駅からの総武線乗車が10:50です。
千駄ヶ谷駅から各駅で下車して最終の秋葉原駅には1時間で無事にゴールイン。
但し、秋葉原電気街特設ゴールの受付は13時からなので、東京駅まで行ってマイバンクで用事を済ませてから秋葉原にUターン。

39駅達成のイラストボードと65全駅達成のガンダムプラモデルを受け取ってから帰路に着きました。
それにしても、平日の昼間から各駅のスタンプポイントは、1人1冊がルールのスタンプ帳を何冊も抱えたオタク系の?若者が列を作っていてビックリです。
ほとんど電車の乗り降りだけのラリーとはいっても、改札までの行き来、階段の登り降りもあって初日は30000歩も歩いてしまいました。2日目は12000歩ですが、初日に人波に揉まれたこともあって結構くたびれました。
ゲットした景品は、今度孫ちゃんに会うときに渡すことにしましょう!!

| 隊長けん | モブログ | 17:06 | comments(0) | - |
北千住駅から奥の細道歩き

1月3回目の駅ハイは、千葉カントリークラブでの先輩の古稀祝いの初打ちから一夜明けた13日の土曜日に、常磐線の北千住駅から、奥の細道の芭蕉旅立ちの宿場町千住で、4つの芭蕉像と富嶽三十六景の地を巡りました。

北千住には先月もメトロ散歩で来ていて、今回も宿場町通りを歩いて街の駅に立ち寄り。

日光街道脇の区民センターで著名な彫刻家の芭蕉像と対面しました。

日光街道を千住大橋方面に向かって、千住本氷川神社と千住神社に参拝してから、富嶽三十六景のモデル地へ。

千住大橋の袂にある奥の細道矢立初の芭蕉像に対面してから、スサノオ神社、弟子の曽良と一緒の芭蕉像も展示されている荒川ふるさと文化館に立ち寄りました。

三ノ輪の商店街沿いの都電荒川線を撮影してから、南千住駅近くの小塚原刑場跡をチラッと見て、最後は南千住駅前に立つ4つ目の芭蕉像と対面してゴールインしました。

駅では完歩賞の富嶽三十六景ハガキも貰って、江戸の歴史と文化をたっぷりと満喫することができました。

| 隊長けん | モブログ | 18:29 | comments(0) | - |
本庄七福神とメトロ散歩

1月10日の水曜日、新年2回目の駅ハイもまた七福神を巡りました。
今回は埼玉の県北、高崎線本庄駅から旧中山道の宿場町の面影を辿りながらのなんと10霊場。

大黒尊天、寿老人、恵比寿尊、銭洗い弁財天、毘沙門天と来て、次はまた大黒尊天、さらにまた銭洗い弁財天、布袋尊、福禄寿のあとは最後にまたまた銭洗い弁財天に参拝しました。

3回も銭洗いしたので、今年はきっとふところがあたたかくなるかなあ!…?と期待しておきましょう!!
本庄といえば、私の母校のキャンパスもあるはずなんですが、高崎線の駅からは駅の反対側で30分かかるということなので、訪ねるのは止めました。
2時間ほどでゴールして、駅の立ち食いうどんで腹拵えしてから、次の行き先は東京の西日暮里。
今度はメトロの駅からはじまる散歩道ラリーで、3ヶ所の指定ポイントでスタンプをゲットしました。

江戸うさぎという和菓子屋は、テレビCMで石原さとみちゃんが食べている妖怪いちご大福で話題の店ということで、ミーハーの私としてはしっかりお土産に購入。おまけにしょうがセンベイと黒糖とヨモギ饅頭まで買ってしまいました。
黒糖饅頭を手土産に、メトロで向かった先は水天宮。
なじみの和一に新年の初顔出しをして、しっかり一人酒を楽しみました。

| 隊長けん | モブログ | 22:33 | comments(0) | - |
初歩きで吉祥七福神巡り

正月も5日になってようやくの初歩き。
3年ぶりに、吉祥寺駅からの武蔵野吉祥七福神巡りに参加しました。

受付開始の9:45には改札前が同好者の行列でした。

快晴続きから一転の曇り空の中をまずは井の頭公園に入って、おなじみの井の頭弁財天にファミリーの安寧を願って初詣しました。

象の花子も今は亡き動物園脇から玉川上水風の散歩道をまっすぐ歩いた突き当たりが三鷹駅。

跨線橋がかかる電車庫通りから武蔵境駅近くの杵築大社境内の恵比寿神に詣ってから、中央線の高架を潜って、玉川上水、井の頭通りも横断して五日市街道まで北上しました。
歩行中の11時過ぎに携帯の緊急地震速報が鳴りましたが、なにやら誤報?のようで何事も起きませんでした。


五日市街道からはひたすら吉祥寺駅に向かって歩き続けますが、まずは毘沙門天と寿老人が境内に並んでいる延命寺に参拝。

焼き芋と甘酒サービスもあって体が温まりました。
延命寺から安倍総理の母校成蹊学園キャンパス前も通って40分ほどで八幡宮前交差点。

もう吉祥寺駅は間近ですが、ここを一旦北上したところの大法禅寺で福禄寿に参拝。

五日市街道に戻ってすぐの武蔵野八幡宮では大國様と本殿にも参拝しました。

七福神最後の布袋尊は八幡宮からすぐ近くの安養寺にふくよかな姿を見せていました。

ちょうど3時間でめでたく七福神を巡り終えたところで、東急百貨店にある蕎麦の名店神田まつやで、天もりとビールのランチを楽しみました。
新年歩きの12キロで、昨年4月からの駅ハイチャレンジコースはちょうど500キロ。東北新幹線は新花巻駅までたどり着きました。
3月までにあと200キロ。新青森駅ゴールインを目指して、これから週2回ペースで歩いていくつもりです!!

| 隊長けん | モブログ | 16:06 | comments(1) | - |
テレビと祝宴三昧の正月

遅ればせながら新年おめでとうございます!
快晴続きの年末年始でしたが、私は初詣にも行かず、ほぼ引きこもり生活が続きました。

大晦日はご贔屓の丘みどりちゃん出演の年忘れにっぽんの歌と紅白歌合戦をテレビ桟敷で楽しみながら、ビール、焼酎を飲みつつ、息子が贈ってくれた松阪牛焼き肉と天ぷらそばでめでたく年越し。
元旦からは、朝は甥っ子からの引出物紅白ワイン、夜は小倉からのお歳暮天心生酒一升瓶に切り替えて、お雑煮、おせちと正月定番料理を満喫しました。

元旦はベランダから鉄塔越しの富士山拝観とニューイヤー駅伝、2日、3日は箱根駅伝を朝からテレビに釘付けで応援しました。
ここまではほぼ例年通りの過ごし方でしたが、大きく変わったのは、家族が増えたことです。

元旦には息子ファミリーが勢揃いで我が家を初訪問。
6才の孫と第2孫がお腹の嫁ちゃんも加わって、賑やかな正月になりました。
2日には、私の長兄と米寿を過ぎた義母ともども、息子ファミリーの新居に押しかけて、またまた賑やかに祝宴を楽しみました。
6才の孫とは初の公園ジジーデビューを果たして、1時間ほどご近所の子供たちと一緒に紙飛行機遊びに興じました。
これが日本の爺さんの正しい正月ライフかなあ!?と、好き勝手三昧だった我が身の過去を懐かしく?思い起こしたのでした。
3日、4日は自宅で残り酒消費生活を続けたので、ボチボチ重い腰を上げて、明日あたり初詣ウォーキングに出かけようかと思っています。

| 隊長けん | モブログ | 16:32 | comments(0) | - |
もういくつ寝ると!
年の瀬もいよいよ押し詰まって、もうあと3日で大晦日です。
20日のハイキングの後は、友人との忘年ゴルフと映画鑑賞、元の同僚たちとの居酒屋忘年会を楽しみましたが、ウォーキングは正月明けまでしばらく中断です。
映画は、たまたま見た週刊誌で評価の高かった大林宣彦監督の花筐はながたみという作品でした。
太平洋戦争直前の九州唐津の若者たちの青春群像と人間の生と死、男女の性や情念をノスタルジー溢れる風景の中で独特な描写で映像化した、余命3ヶ月宣告79才大林監督が命を削って制作した渾身の作で、全編3時間近く、まさに魂を揺さぶられる思いに包まれました。
年内はもう外出の予定はありません。
大掃除の仕上げでもやって、大晦日の年忘れにっぽんの歌と紅白歌合戦で丘みどりちゃんを楽しみたいと思います!!
| 隊長けん | モブログ | 16:58 | comments(0) | - |
磯子駅から横浜満喫

今年最後の駅からハイキングは、12月20日の水曜日に根岸線磯子駅から石川町まで3駅を巡って、ついでに?元町と中華街まで歩きました。
夜の予定があるので!スタートは受付タイムリミットぎりぎりの10:50。
横浜もここまで来ると港近くの工場の煙突も見られます。
今回は、磯子区制90周年記念の街巡りということで、根岸線の沿線を北上していきます。

まずは幹線道路から路地がつながる浜マーケットへ。
戦後間もない闇市がルーツという昔ながらの商店街はレトロな雰囲気に溢れていました。
次に訪ねたのは横浜市電保存館。

市営バスの車庫敷地内にあって、これもレトロな明治37年から70年間運行した横浜市電の車両が7台展示されていて、お祭り列車花電車とツーショットしました。

チンチン電車の運転シミュレータにもチャレンジしましたが、私が運転手なら衝突事故間違いなしでした。

根岸なつかし記念公園では、関東大震災や戦禍もくぐり抜けた和洋折衷の大邸宅が今もお茶会などに利用されていました。

根岸八幡神社にファミリーの安寧を願ったあとは、根岸駅前の中華料理店で海老玉子炒め杏仁豆腐付き600円定食を食べてから、また沿線を歩き始めました。
腹ごなしに?根岸白滝不動尊の約100段の急な石段を登り下りしてから、また階段を上がって根岸森林公園へ。

以前一度チラッと訪ねた根岸競馬記念公苑ですが、今回はゆっくり見て回りました。
まずは馬の博物館で天皇賞のルーツの根岸競馬場の歴史やサラブレッド誕生に至る太古からの馬の進化の展示など興味は尽きませんでした。
今は芝生公苑になっている広場が日本の競馬場のルーツとなった根岸競馬場でなんと創設は江戸時代末期です。


米軍施設の裏手には貴賓室まであった立派な観覧スタンド旧一等馬見所が保存されていました。
ちょっとガイドのコースを外れたので、道を尋ねながら山手駅でコースに戻りました。
長い商店街を抜けて訪ねた山手公園には、明治初期に日本で初めてテニスがプレーされたことを記念するテニス発祥記念館がありました。
記念館の中にはドレスのような初期のテニスウエアも展示されていますが、なんと私が47年前に初めて手にしたウッドラケット、カワサキオールマンも展示されていて当時を懐かしく思い起こしました。

高台の道すがら横浜のベイブリッジやランドマークタワーを眺めながら、夕闇迫る山手イタリア山庭園を訪問。

明治初期にイタリア領事館が置かれていたところで、外交官の家の洋館建築は国指定重要文化財になっています。
高台から一気に坂道を下ってうねうねした路地を辿って先が本日のゴール石川町駅でした。
時刻は15:30。ムムム…ちょいと早いかな?ということでそのまま駅を素通りして、元町のファッション街から中華街を散策してからみなとみらい線の元町中華街駅に向かいました。
さすが文明開化の港町横浜の街歩きはレトロな歴史と文化を再発見するロマン溢れるトリップでした。
さて、夜の予定はもちろん横浜駅西口の料理屋もりべです。

この日は築地時代からのもりべ仲間、ユキさん、オーさん、シュウさんと4人勢ぞろいの忘年会でした。
17時から2時間余り、コウバコガニ、旬の刺身から絶品海老しんじょまで、熱燗とともにこころゆくまで味わい尽くしました!(^-^)v
御年76才の和食の達人もりべさんも益々お元気で、私のご贔屓丘みどりちゃんの大応援団です。
私ももりべさんを見習って、大晦日までにカラオケでみどりちゃんの佐渡の夕笛をマスターしましょうかね!?

| 隊長けん | モブログ | 16:34 | comments(0) | - |
銚子駅から犬吠崎へ

12月14日の金曜日は、久しぶりに外房の銚子駅から犬吠崎までの海辺歩きを楽しみました。
久しぶりの銚子駅から11時に歩き始め。

快晴の下、太平洋に向かう広い一本道は開放感に溢れています。
海岸手前の街の駅ちょくらで、受付がてらトマトジュースのサービスとお土産も購入。

すぐ右折して街中に戻る道を銚子の象徴でもある広大なヤマサ醤油工場のレンガ塀を辿って、銚子電鉄線を横断。

工場群からのどかな畑道を歩いて、高架道路を潜った突き当たりが屏風ケ浦でした。

数十メートルの断崖絶壁が延々と続く屏風ケ浦は、古代の地層が重なって海蝕や人工の巨大穴も見られて、ジオパークとして見事な景観が広がっていました。
ここからは沿岸を東回りに北上。
ヨットや大型クルーザーが停泊する銚子マリーナの先には、海洋研究所やお騒がせ加計学園の千葉科学大学のキャンパスもありました。

岩礁が続く漁港のあちこちにはお座り!の姿の犬岩や千騎ケ岩のビュースポットも点在。

外川漁港からは、坂道を釣り宿が並ぶ街中に上がって、丸いポストとレトロな駅舎の銚子電鉄終着外川駅へ。

ここからは高台に向かって、地球の丸く見える丘展望館を訪ねました。

標高90メートルの屋上展望スペースからは、360度中屏風ケ浦を除くほぼすべてが水平線という大パノラマが広がって、まさに地球の丸さを実感できました。

私は犬吠崎の灯台とツーショットしてみました。

展望館からの下り坂の先には、3年前に坂東33ヵ所巡礼で訪ねた27番札所の奥の院満願寺の立派な社殿が建っていました。
犬吠崎入口交差点から銚子電鉄線路を渡ったところがゴールの犬吠駅。

犬吠崎灯台はツーショットで満足して、揚げたこ焼きランチとお土産を買ってから銚子電鉄のレトロ車両に乗り込みました。
銚子駅からは、常磐線から成田経由だった朝とは別ルートで、佐倉経由の総武本線で千葉駅までの直行ルートで帰路に着きました。

| 隊長けん | モブログ | 11:33 | comments(0) | - |
駅ハイで武蔵五日市へ

12月8日の金曜日は、曇り空で風邪気味だったのでおとなしく…していようかと思ったんですが、年内の駅からハイキングコースも残り少ないので、明日が最終日の武蔵五日市コースに参加しました。

もっともメインの弁天山は5月にも歩いたので今回はショートカットしました。

10:30にマスク姿で歩き始め。
五日市橋で秋川を横断して間もなく秋川沿いの舗装路を進みます。

竹林の先に名残の紅葉も見られました。

弁天山への分岐を直進してそのまま秋川キャンプ場から五日市街道に戻りました。

あきる野市地場産業のみつばちファームでハチミツ、創業明治41年のキッコーゴー醤油醸造所でしょうゆチョコを土産に、さらに地酒の喜正を正月用に買ってから、武蔵五日市の隣駅武蔵増戸へゴールしました。

ショートカットのおかげで、予定より早く12:10の列車で帰路に着いたのでした。
明日は、間もなく一周忌を迎える山と仕事と居酒屋でのよき先輩ボスのお墓参りなので、風邪薬を飲んで体調を整えることにしましょう。

| 隊長けん | モブログ | 16:34 | comments(0) | - |
信濃町から北千住

さっぱりスポーツ刈りでちょっと鼻グシュンになった12月6日の水曜日は、駅ハイとメトロさんぽの掛け持ちをしました。

まずは10時過ぎに信濃町駅からJRのハイキングスタート。
神宮の森を背にして外苑東通りを四谷方面へ向かいました。
慶応大学病院の陰に隠れるような路地に劇団文学座のビルがありました。
翌日が公演初日ということで劇場に入る役者?の顔も見られましたが門外漢は外観だけで素通りです。

また路地裏に入り込むと四谷の総鎮守須賀神社へ。

神社奥の急な坂の石段に人だかりがしているので何事かと尋ねたら、なんとここは大ヒット作アニメ版君の名はに登場する名所で、ファンたちの聖地なんだそうです。外人カップルが熱心に撮影を繰り返していました。
階段を下って坂を上り返した先が新宿通り。

また路地裏やレトロな商店街を歩いてから新宿通りへ戻って四谷消防署へ。

館内の消防博物館は救急ヘリや江戸時代から現代に至る火消し道具や消防車の数々が展示されていて、大人でも楽しめるワンダーランドでした。

最上階の展望室からは富士山とスカイツリーも眺められました。
博物館でゆっくりしてから、すぐ隣の喜多方ラーメンで腹ごしらえ。

午後の部は江戸時代の玉川上水番所跡に寄って、新宿御苑の外周沿いの内藤神社から千駄ヶ谷駅へ。

ここからまた映画のロケ地でもある鳩森八幡神社で新婚の長男ファミリーの幸せを願ってから富士塚に登りました。

千駄ヶ谷といえば将棋の聖地、3月のライオンのロケ地でもある日本将棋会館にも立ち寄りました。

ここからは東京オリンピックに向けて工事中の国立競技場を眺めながら、明治神宮外苑を散策。

ハイキングのゴール地点、イチョウ並木はほとんど葉を落としていましたが、まだ鮮やかな黄葉も残っていました。

ここも映画によく登場する名所ですね。
青山通りから14時前にメトロの青山一丁目駅で銀座線に乗車。

銀座駅で日比谷線に乗り換えて北千住駅に向かいました。

今度はメトロの駅から始まるさんぽ道で、日光街道千住の宿場町周辺をそぞろ歩きながら、

東京芸術センター、千住本氷川神社、千住街の駅でラリーのスタンプを集めました。

下町風情に溢れた千住には、現役眼科病院の歴史的洋館や登録文化財を伝える真っ赤な山門の寺もあって、

千住通りや宿場通りは江戸の宿場町の面影を残す雰囲気に溢れていました。

和菓子屋で土産を買ってから、ちょうど日が傾きかけた頃合いに北千住から人形町へ移動。
最後はなじみの料理屋和一で、お久しぶりのオーさんと合流して、絶品料理に舌鼓を打ちながら、またまた静岡お茶割り焼酎と信州日本酒真澄をたっぷりと味わいました。

| 隊長けん | モブログ | 12:18 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

bolg index このページの先頭へ