blog index

埼玉憲ジーの近場放浪記

2016年にサラリーマン生活から卒業して、窮々自適な年金生活に入りました。百名山と百観音もなんとかやり終えて、隊長けんの武蔵野レターもフィナーレ。家庭と懐事情から遠距離旅も引退やむ無しながら、せめて体が動くうちは、埼玉憲ジーの近場放浪記を続けることにしましょう。
駅ハイ八王子と綱島ライブ

敬老週間駅ハイの二つ目は、21日の木曜日に、八王子市制100周年記念の全国都市緑化はちおうじフェアとパワースポットめぐりを楽しんできました。
ちょうど1日3本の八王子へ直通電車があったので、楽々10時前に八王子駅下車。

駅前から続く花々に彩られた遊歩道から甲州街道に出て、夢美術館、織物工業会館、郷土資料館を覗いて、八王子の歴史のヒトコマを見学。
戦国時代の陣屋跡のある神社や高野山由来の金剛院、武田信玄の娘松姫の墓所信松院で歴史の深さも知りました。

そして一転。野球場と広大な富士森公園で開かれている全国規模のイベント、全国都市緑化はちおうじフェア会場をゆっくり散策しました。

地元の子供たちも一緒に植えたという大規模な花壇が公園を埋めてくして、豊かな緑と花々、自然の大切さをあらためて実感するイベントでした。
出店が並ぶ芝生広場でハンバーガーランチしてからウォーキングを再開。
フェアの一環である医療刑務所外壁のアート絵画を観て京王片倉駅ガードを横断。

コスモス揺れる川沿いから片倉つどいの森公園に入いって、見事なひまわりの大輪や色とりどりの花々を眺めてから、ちょうど3時間でJR横浜線八王子みなみ野駅にゴールしました。
その後はJR菊名駅から東急東横線綱島駅に出て、ショッピングモールのトレッサ横浜へ。

緑化イベントにちなんで?今月3回目の丘みどりちゃんライブコンサートを観てから帰路に着きました。
丘みどりちゃんも私にとって今一番のパワースポットです!?

| 隊長けん | モブログ | 14:23 | comments(0) | - |
駅ハイ八高線丹荘

9月敬老週間の駅ハイは、まず19日火曜日に八高線の丹荘駅から、彼岸花とコスモス街道を歩いて、廃線の旧上武鉄道軌道歩きを楽しみました。
丹荘は埼玉県北の群馬県境の無人駅ですが、もちろん下車したのは初めてです。
駅からの案内もなく簡易地図で分かりにくいルートでしたが、なんとか徒歩8分の受付公民館から神流川土手沿いの彼岸花街道を辿りました。

稲刈りが進むのどかな田園風景に、土手を染める真っ赤な彼岸花と青空のコントラストが見事でした。
いったん土手を下りたところが温泉施設かんなの湯。

ここには一面のコスモス畑が広がっていて、赤青白黄色とりどりのコスモスが秋の風情を感じさせてくれました。

ふたたび土手歩きが続いて、神流川上流の寄島ダムからUターン。

今度は、昭和20年代から46年まで、化学製品工場の輸送用と地元の通勤通学用に丹荘駅まで伸びていた旧上武鉄道の軌道跡を終着の丹荘駅まで辿りました。
県道と神流川に挟まれるように、まさに線路幅で続く一本道を寄島駅のホーム跡でひと休み。

さらに2キロ先には上川中学校前駅跡の駅名看板。
県道を渡ったところにはキレイに建て替えられた上川中学校の校舎がちゃんとありました。
気温30度、往復12キロのコースを3時間でゴール。唯一の駅前ショップで買ったソフトクリームが旨かったあ!
予定より1時間早い列車に乗れたので、小川町駅から東武線で自宅最寄り駅を通過して、池袋からメトロに乗り換えて、人形町の和一へ行ってしまいました。
店主のカズさんが採ってきた富士山麓のキノコ料理を堪能して、ミキちゃん、ナオちゃんの仲居さんコンビに挟まれてビールと静岡茶割り焼酎を味わってからやっと帰路に着きました。

| 隊長けん | モブログ | 13:35 | comments(0) | - |
駅ハイ、追っかけ、欽ちゃん

9月半ばの1週間はアレコレ大忙しの?日々でした。
11日の月曜日は、ご贔屓の丘みどりちゃんのキャンペーンで高崎線の鴻巣駅へ。

駅前ショッピングセンターの特設ステージでミニコンサートを観てから、シネコンで福山雅治、役所広司共演の三度目の殺人の映画鑑賞。

丘みどりちゃんの2ステージ目も観てから帰宅しました。

13日の水曜日は、駅からハイキングで日暮里から上野、谷中のレトロな街並み歩きを楽しんでから築地に出ました。

ランチタイムの連れが見つからなかったので(みんな忙しい現役だからね…)、

ひとりビール付き天ぷら食べて帰りました。

14日の木曜日は、また丘みどりちゃんのキャンペーン追っかけで青梅線昭島駅前のショッピングセンターへ。

せっかくだから、沿線の昭和記念公園を散策して、彼岸花、コスモスの花畑や日本庭園を愛でてから西国分寺へ。
地元のクンちゃんを誘って、ビール、焼酎と絶品焼き鳥に舌鼓。お土産焼き鳥を持って帰宅しました。

そして16日の土曜日は、駅ハイ近場シリーズ?で自宅から程近い武蔵浦和駅から、さいたま市南区の自然と旧跡歩きを楽しみました。
乗り換えでは何回も利用した駅ですが、街中に下りたのは初めてです。

浦和宿近辺だけあって、立派な門や長塀の旧家が立ち並び、内谷や南浦和駅そばの大谷場にも氷川神社があって、内谷氷川神社の境内では秋祭りのオカメ、ヒョットコ踊りも演じられていました。


のどかな水辺公園からさいたま文化センターではミニ物産展も開かれていて、私も焼きそばランチしました。

ゴールの南浦和駅まで3時間足らずでしたが、コースのあちこちに案内役がついて、エコバッグ、ペットボトル、お菓子などお土産もたくさんもらって、駅ハイ史上最高のサービス満点イベントでした。
台風も接近中の空模様を心配しながら錦糸町駅へ移動。

お彼岸前に両親の墓参りを済ませてから、十間川沿いにスカイツリーを眺めながら、雨にも降られず浅草へ。

この日はしたまちコメディ映画祭が催されていて、まずは浅草寺裏の屋台通りでもつ煮込みにホッピーセットの定番で腹ごしらえしてから、萩本欽一本人の舞台挨拶と欽ちゃん自身の密着ドキュメント映画を観てから、小雨が降り始めた浅草駅発のメトロと上野発のJRを乗り継いで帰宅しました。

| 隊長けん | モブログ | 14:06 | comments(0) | - |
駅ハイで上諏訪

9月9日の土曜日に、駅からハイキング信州シリーズ4回目の上諏訪を歩いてきました。
青春18キップの期限が10日までなので仕方なく土曜日にしましたが、思った通り早朝6:35八王子始発の松本行きはハイカーで満員でした。
私は1本早く着いて並んだので無事に座れました。

茅野のひとつ先の上諏訪駅は諏訪湖の玄関口ですが、今回のルートはレトロな城下町路地裏巡りということで、湖畔は通りませんでした。

駅前から踏み切りを渡って上諏訪の古い街並みを辿ると、懐かしい丸型の赤い郵便ポストと黒塗りの大きな木造建築の味噌蔵の丸高蔵は有形文化財です。

その先には、建造380年で天守と角櫓が昭和45年に復興された秀吉ゆかりの高島城。

続日本百名城に選ばれたようですが、濠と橋からの景観もなかなか見事でした。

コスモスの咲く公園から、また踏み切りを渡り返して街の路地を歩くと、なんと映画テルマエ・ロマエの撮影に使われたという平湯・平温泉のまさにレトロな六角建築が現れました。

その後は路地裏道をさ迷いながら、諏訪湖の御渡り神事ゆかりの八劔神社から5軒の造り酒屋が並ぶ酒蔵街へ。

そのうちの1軒で、まさに長陽の節句のこの日に解禁になった冷やおろし純米酒、横笛を買いました。
試飲で酔ったわけではないのに、また路地裏をさ迷ってなんとか上諏訪駅にゴール。

まだ時間が早かったので、今度は自力で諏訪湖のほとりまで散策。

ずいぶん前に山の帰りに入った名所の温泉施設片倉館を眺めてから、信州名物の二八そばを食しました。

たまたま入ったとみやという蕎麦屋でしたが、有名人の色紙も数多く、味も絶品でした。

ゆっくり飲みたい気持ちを堪えて、もりそばだけで駅に再度ゴール。

上諏訪駅から甲府、高尾、八王子と乗り継いで、横浜のもりべにちょうど17時に到着。

なんとちょうどこの日が76回目の誕生日だったご主人に冷やおろしをプレゼント。常連さんたちと、ワイン、日本酒で乾杯を繰り返して、絶品料理を堪能してから帰路に着きました。

| 隊長けん | モブログ | 15:37 | comments(0) | - |
駅ハイで金町から柴又

9月3日は私のなんと66回目の誕生日でした。感慨もなにもありませんが、長男から8月生まれの母、姉と合わせてのお祝いに松阪牛ギフト券が届いて感激しました。
この日は眞子様、小室圭くんの婚約発表と北朝鮮の水爆実験もあってメモリアルデーになりそうです。
翌4日は、大学のサークル仲間と2組で立川でゴルフでした。相変わらず下手くそですが、天候も上々で和気あいあいと楽しい時間を過ごせました。

そして、5日の火曜日にまた、駅からハイキングで都内葛飾区の金町から寅さんのふるさと柴又まで歩きました。

柴又には何回か行っていますが、金町から歩くのは初めてです。

まず、駅近くには東京理科大の広大なキャンパスがあってビックリしました。

大岡裁きで有名になったしばられ地蔵の南蔵院から、広大な水元公園へ出てランチタイム。

6月なら花菖蒲が見事ですが、今は大きな池を埋めるひつじ草や蓮の花が見頃でした。24種類もの金魚が泳ぐ水槽も見ものでした。
江戸川の土手歩きから大鳥居の葛西神社を抜けて、金町浄水場からいよいよ寅さんのふるさと、江戸川の柴又公園へ。

土手を歩いていたら突然まさに寅さんファッションの男性が川縁を歩き始めたのにビックリしました。なにかのパフォーマンスなのか?連れの女性が土手から動画を撮っていました。
思いがけず寅さん?に再会できてラッキーでした。

矢切の渡しで舟人を見送ってから、開館20周年の寅さん記念館と山田洋次ミュージアムを訪ねてしばし寅さんワールドを満喫。

さらに、まさに映画の舞台となった柴又帝釈天では、本堂の外壁に刻まれた文化財の彫刻や見事な日本庭園も見られて感激でした。

最後は、帝釈天の参道でモデルになった高木屋の名物草だんごを買ってから、最近建てられたさくら像と寅さんの兄妹像を眺めてから柴又駅で京成線に乗車。

金町から新松戸へ出て帰宅しました。

さらに翌日9月6日は、友人のシュウさんと人形町の和一デーだったので、昼過ぎに自宅を出て小雨の中を清澄白河駅へ。
メトロの駅から始まる散歩道スタンプラリーで、芭蕉ゆかりの臨川寺、江東区芭蕉記念館、東京シティエアターミナルを巡ってから水天宮前を通って夕刻和一に到着。この日は同期のK氏と3人で楽しく懇談しました。

| 隊長けん | モブログ | 15:53 | comments(0) | - |
駅ハイで長瀞七草寺巡り

真夏とは思えない不順な天候が続いた8月も終わって、9月になったら気温も下がって、寝具はタオルケットから厚めの夏掛けへ。窓も閉め切って寝るようになりました。

8月最後の31日には、イオンシネマでスパイダーマンの新作を観てから、板橋区民文化会館で行われた歌謡コンサートで、丘みどりちゃんを応援。市川由紀乃、杜このみ、松原健之、川上大輔の若手実力派や、ベテラン中尾ミエ、森口博子も出演して、たっぷり2時間半歌謡曲とジャズポップスの世界を楽しみました。

そして9月最初の駅からハイキングは、予報に反して好天に恵まれた1日の金曜日に、秩父鉄道の長瀞駅から秋の七草寺を巡り歩いてきました。
長瀞にはもう何回も来ていますが、七草寺は初めてです。

駅前の受付から、まずは駅から正面にそびえる宝登山の麓に向かい、大きな鳥居をくぐって、神社脇からロープウェイ乗り場に続く坂道を上った先にある不動寺が最初の札所です。

ここの七草は撫子。愛らしいピンクの花が境内にたくさん咲いていました。
せっかくだから、七草巡りの色紙を買ってご朱印をいただくことにしました。
ここで七草寺の廻りかたを聞いていざ出発。

秩父鉄道の線路と岩畳が続く荒川に沿ってふたつ先の樋口駅まで、3回踏み切りと橋を渡り返してたっぷり18キロほどの巡礼歩きとなりました。

線路を渡った2ヵ所目は黄色い女郎花オミナエシが境内を染める真性寺、

さらに荒川の水管橋を渡った法善寺は淡い紫紅色の藤袴。

荒川を渡り返した多宝寺には青い桔梗の花畑。

線路を渡り返して萩の寺洞昌院。

急な山道を登った遍照寺には赤紫の豆の花を咲かす葛が見られました。

最後は山道を下って、国道からまた線路と荒川を渡ってたわわに穂をつけたススキ尾花の道光寺を訪ねて七草寺完歩。
ご朱印が埋まった色紙と記念のタオルを手にして、ゴールの樋口駅前の手打ち蕎麦店へ。

山菜、漬物たっぷりの田舎そばを味わい、ビールでひとり乾杯してから帰路に着きました。

| 隊長けん | モブログ | 13:35 | comments(0) | - |
駅ハイで桐生日本遺産巡り

8月29日の火曜日に、好天に誘われて、群馬県桐生駅から織物の街並みと日本遺産建築を巡り歩いてきました。

両毛線は高崎と栃木県の小山を結ぶ北関東の路線ですが、桐生駅はちょうど中間にあって、今回は宇都宮線の小山経由で10:26に下車しました。
自宅を出たのは8時前ですが、ちょうど学童の集団登校にぶつかって、2月期は9月からだと思っていたのに、昨今はゆとり教育から様変わりしているようですね!??

桐生はわたらせ鉄道乗り換えで下車しましたが、街歩きは多分初めてです。
群馬は富岡製糸場を始めとして、養蚕や絹織物が盛んな土地柄ですが、桐生は昔から織物の一大生産地として栄えた所のようで、あちこちにまさに日本遺産の歴史的建造物や織物の生産の痕跡が見られました。

今回のルートは、織物記念館、織物参考館紫、後藤織物店、倉庫群の有鄰館、絹燃記念館とすべて日本遺産として指定されていて、近代日本の殖産の歴史を辿る旅ともなりました。

おまけに、桐生天満宮にも参拝して、ゴールの桐生駅では、名物の極太ひもかわうどんを食してから13:27の両毛線で、帰りも小山経由で帰路に着きました。

| 隊長けん | モブログ | 17:19 | comments(0) | - |
駅ハイで小諸と軽井沢

半月ぶりの報告です。
熱中症予防もあって?甲子園テレビ観戦の日々でしたが、期待どおり熱戦が続いて、なんとなんと!優勝は我が埼玉県代表の花咲徳栄高校が快挙を達成しました!
なにせ夏の大会で埼玉県勢優勝は99回にして初ということで、見事というよりありません。
私も埼玉県予選の準決勝で花咲の強さを観ているだけに感慨もヒトシオでした!

雨で甲子園が中止になった15日には、座間のひまわりまつりを見てから横浜へ…というつもりで最寄りの相武台下駅に降りたものの、なにを勘違いしたかまったく逆方向に向かったので大幅なタイムロス。雨が降りだしたこともあってひまわりまつりはパス。そのまま横浜へ出て、お盆休み返上のもりべでアルバイトの可愛いお孫さんを相手にしながら絶品料理と焼酎を味わいました。その後は相模原のライブハウス…というよりレストランではたなか圭一くんのツアーファイナルを聴いてから帰宅しました。

17日は長男の新居に4度目の訪問。神宮花火のチケットや近場放浪の手土産やらを持参して、しっかり美味しいランチとワインをご馳走になりました。
ちなみに、今年は異常気象のおかげで隅田川花火が大雨。19日の多摩川や地元埼玉の花火大会も中止になりましたが、20日日曜日の神宮外苑花火大会は曇り空ながら無事に開催されて、大いに盛り上がったようです。長男ペアも楽しんでくれたことと思います。

20日は、私は自宅でゆっくりのつもりだったんですが、夕食後に突然呼び出しメールが入って吉祥寺へダッシュ。中学時代の同級生3人とビアホールでしばし音楽談義を楽しみました。

甲子園大会も終わった翌日24日の木曜日に、20日ぶりにJRの駅からハイキングに参加しました。
青春18キップ信州シリーズ第三弾で、高原の城下町小諸を歩いて、帰り道には中軽井沢沓掛宿から軽井沢宿までの中山道歩きも楽しみました。
4:40起床で、大宮から高崎、横川と乗り継いで、JRが途切れた軽井沢駅までは連絡バスを利用しました。


軽井沢からしなの鉄道に乗り換えて9:13小諸駅下車。
小淵沢からの小海線の終着駅ですが、そのルートでは自宅から午前中にたどり着けないのです。

観光案内所の受付からは、小諸城の大手門、三の丸跡、足柄門、旧小諸本陣と城下町の佇まいを辿りながら駅前に戻って、日本百名城の小諸城址でもある懐古園を散策。

島崎藤村ゆかりの地としても有名ですが、富士見台からは富士山は見えなかったものの、千曲川やのどかな里の景色が眺められて、信州の風情を楽しめました。

信州といえば、園内の小諸そばにも期待したんですが、どうもイマイチ私の口には合いませんでした。

昼前に小諸を発ってしなの鉄道の中軽井沢駅で下車。
せっかくだからと中山道歩きも楽しみました。


沓掛宿から軽井沢宿までは1里、4キロほどですが、旧中山道といっても今はほとんど炎天下の国道18号や脇道歩きなので汗だくです。

途中高台の脇道からは雄大な浅間山も眺められました。
から松林の続く旧道を旧軽井沢まで延々と歩きながら離山周辺の洒落た別荘や豪華なホテルの数々に目を奪われました。
ちょうど今天皇皇后両陛下もご静養中のようですが、軽井沢族はやはり庶民とは人種が違うのでしょう!??
それでも軽井沢銀座にもけっこう外人さんが多かったですけどね。
私はかき氷を食べながら、中山道を外れて1本道を急ぎ足で軽井沢駅へ向かって、団体で込み合っている連絡バスで横川駅へ。

駅前で、定番の?峠の釜めしを土産に買ってから帰路に着きました。

幸い家族にも喜ばれて、夕食はそれなりにしばし一家団らんを過ごせました。

| 隊長けん | モブログ | 16:47 | comments(0) | - |
メトロ散歩で池袋
世の中に歩調を合わせて!?私も夏休みモードに入りました。
甲子園は、地元の埼玉と故郷の愛媛が1回戦を突破してヤレヤレ。これから強豪校も続々と登場してきます。
数年前に春の選抜を1度だけ現地観戦して、その時は神奈川代表の慶応高校が負けてしまいましたが、炎天下の夏はやっぱりテレビ観戦がいいですね。

遠出の予定は当分ありませんが、それでも昨日8月9日の水曜日は、メトロの駅から始まる散歩道で池袋に出かけて、駅周辺の3ポイントでスタンプをゲットしました。

その後は築地に足を延ばして、場外市場の火事場見物。出火の井上ラーメンには現役時代何回も通いましたが、ブルーシートに覆われた周辺店舗ともども早期の復活を祈りたいものです。

ランチは元の職場ビルにあるレストランローゼで同僚の山仲間やまちゃんとまたウォーキング再開を約束して、銀座では和光ホールで開かれていた歌舞伎の松本白鴎、幸四郎、市川染五郎高麗屋三代同時襲名の記念展に立ち寄りました。

そして最後は人形町の和一でシュウさんと落ち合い、店主の和さん、気のいいミキさんやご常連さんと和気あいあいの楽しい時間を過ごしてから都内散策の1日を終えました。
| 隊長けん | モブログ | 21:33 | comments(0) | - |
駅ハイで松本井戸巡り

浜名湖から1日明けて8月4 日の金曜日に、駅からハイキング信州シリーズ第二弾で、松本市内の井戸巡りと国宝松本城を訪ねてきました。

松本は北アルプスの起点として何回も下車したり大糸線に乗り換えたりしていますが、街中散歩は数えるほどで、松本城もお堀からの外観見物しかしたことがありませんでした。

また早朝4:30に起きて八王子駅始発の普通列車で10:16に松本駅に着きました。
観光案内所で受付してさっそく歩き始め。駅前バスターミナルからは続々と外人さんが降りてきて、さすが北アルプスの玄関口の賑わいでした。
今回山に無縁な私はバスターミナルを横目に、ガイドに沿って深志交差点から市内のあちこちに点在する井戸を訪ねていきます。

まずは源地の水源地井戸。ネコの額の泉ながらコンコンと湧き水が溢れて夏の体に冷たい水が心地よく染み渡りました。

女鳥羽川を挟んで、源智の井戸、女鳥羽の泉、松本城外濠沿いの北門大井戸、北馬場柳の井戸を巡ってようやく松本城の二の丸御殿跡に着きました。


松本市内に湧き水が溢れているのは、紛れもなく北アルプスの豊富な雪解け水のおかげなんですね。

整備された二の丸御殿跡から全面黒色の松本城の威容を眺め、正面に回って内堀越しの小天守と朱塗りの橋を脇にどっしりと構える天守閣の姿はいつ見ても勇壮このうえありません。

国宝を背景に記念写真。

そして今回は初めて、黒門を潜って、本丸御殿跡から築造420年を超える天守閣に入城しました。

さすが国宝だけあって、平日だというのに大混雑。黒光りする木の階段を、急勾配をよじ登り、下りの人と肩を擦りながら6階まで20分かけてようやく天守からの城下の眺めを実感しました。

松本城からは風情ある白壁の街並みなどを眺めながら20分ほどで松本駅へゴールイン。

駅前の信州そば処でお通し付ビール、山菜おろしそばを食して、またあれこれお土産を買ってから、14:26の松本始発普通列車で帰路に着きました。
これでしばらく駅ハイはお休み。しばらくは世界陸上や甲子園のテレビ観戦を楽しむことにします!?

| 隊長けん | モブログ | 12:29 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

bolg index このページの先頭へ