blog index

埼玉憲ジーの近場放浪記

2016年にサラリーマン生活から卒業して、窮々自適な年金生活に入りました。百名山と百観音もなんとかやり終えて、隊長けんの武蔵野レターもフィナーレ。家庭と懐事情から遠距離旅も引退やむ無しながら、せめて体が動くうちは、埼玉憲ジーの近場放浪記を続けることにしましょう。
駅ハイで武蔵五日市へ

12月8日の金曜日は、曇り空で風邪気味だったのでおとなしく…していようかと思ったんですが、年内の駅からハイキングコースも残り少ないので、明日が最終日の武蔵五日市コースに参加しました。

もっともメインの弁天山は5月にも歩いたので今回はショートカットしました。

10:30にマスク姿で歩き始め。
五日市橋で秋川を横断して間もなく秋川沿いの舗装路を進みます。

竹林の先に名残の紅葉も見られました。

弁天山への分岐を直進してそのまま秋川キャンプ場から五日市街道に戻りました。

あきる野市地場産業のみつばちファームでハチミツ、創業明治41年のキッコーゴー醤油醸造所でしょうゆチョコを土産に、さらに地酒の喜正を正月用に買ってから、武蔵五日市の隣駅武蔵増戸へゴールしました。

ショートカットのおかげで、予定より早く12:10の列車で帰路に着いたのでした。
明日は、間もなく一周忌を迎える山と仕事と居酒屋でのよき先輩ボスのお墓参りなので、風邪薬を飲んで体調を整えることにしましょう。

| 隊長けん | モブログ | 16:34 | comments(0) | - |
信濃町から北千住

さっぱりスポーツ刈りでちょっと鼻グシュンになった12月6日の水曜日は、駅ハイとメトロさんぽの掛け持ちをしました。

まずは10時過ぎに信濃町駅からJRのハイキングスタート。
神宮の森を背にして外苑東通りを四谷方面へ向かいました。
慶応大学病院の陰に隠れるような路地に劇団文学座のビルがありました。
翌日が公演初日ということで劇場に入る役者?の顔も見られましたが門外漢は外観だけで素通りです。

また路地裏に入り込むと四谷の総鎮守須賀神社へ。

神社奥の急な坂の石段に人だかりがしているので何事かと尋ねたら、なんとここは大ヒット作アニメ版君の名はに登場する名所で、ファンたちの聖地なんだそうです。外人カップルが熱心に撮影を繰り返していました。
階段を下って坂を上り返した先が新宿通り。

また路地裏やレトロな商店街を歩いてから新宿通りへ戻って四谷消防署へ。

館内の消防博物館は救急ヘリや江戸時代から現代に至る火消し道具や消防車の数々が展示されていて、大人でも楽しめるワンダーランドでした。

最上階の展望室からは富士山とスカイツリーも眺められました。
博物館でゆっくりしてから、すぐ隣の喜多方ラーメンで腹ごしらえ。

午後の部は江戸時代の玉川上水番所跡に寄って、新宿御苑の外周沿いの内藤神社から千駄ヶ谷駅へ。

ここからまた映画のロケ地でもある鳩森八幡神社で新婚の長男ファミリーの幸せを願ってから富士塚に登りました。

千駄ヶ谷といえば将棋の聖地、3月のライオンのロケ地でもある日本将棋会館にも立ち寄りました。

ここからは東京オリンピックに向けて工事中の国立競技場を眺めながら、明治神宮外苑を散策。

ハイキングのゴール地点、イチョウ並木はほとんど葉を落としていましたが、まだ鮮やかな黄葉も残っていました。

ここも映画によく登場する名所ですね。
青山通りから14時前にメトロの青山一丁目駅で銀座線に乗車。

銀座駅で日比谷線に乗り換えて北千住駅に向かいました。

今度はメトロの駅から始まるさんぽ道で、日光街道千住の宿場町周辺をそぞろ歩きながら、

東京芸術センター、千住本氷川神社、千住街の駅でラリーのスタンプを集めました。

下町風情に溢れた千住には、現役眼科病院の歴史的洋館や登録文化財を伝える真っ赤な山門の寺もあって、

千住通りや宿場通りは江戸の宿場町の面影を残す雰囲気に溢れていました。

和菓子屋で土産を買ってから、ちょうど日が傾きかけた頃合いに北千住から人形町へ移動。
最後はなじみの料理屋和一で、お久しぶりのオーさんと合流して、絶品料理に舌鼓を打ちながら、またまた静岡お茶割り焼酎と信州日本酒真澄をたっぷりと味わいました。

| 隊長けん | モブログ | 12:18 | comments(0) | - |
飯能で友人とのゴルフ

伊豆旅行から一夜明けた12月4日の月曜日は、学生時代の友人との二組のゴルフで、ハイキングでは歩き慣れた飯能へ行きました。
ありがたいことに毎回私の沿線駅まで送り迎えしてくれるYさんが今回の幹事役。

なんと福島から参加のオーさんのほか同期生5人と一年後輩二人の7人で、快晴の下、飯能の名門コースで和気あいあいと楽しくラウンドできました。
もっとも私のプレーは相変わらずのヘボで大幅に100オーバー。
同行者に迷惑のかけっぱなしですが、とりあえず仲間に見捨てられないうちは、時々参加させてもらうことにしましょう!

| 隊長けん | モブログ | 17:13 | comments(0) | - |
ファミリーで嬉しい伊豆旅行

年の瀬12月に入って、最初の週末2日、3日に1泊で久しぶりの家族旅行を楽しみました。
私は知らなかったのですが、66才は緑寿ろくじゅというお祝いの年なんだとか??…なにやら今世紀になって百貨店協会が商売のために制定したもののようですが、まんまと企みに乗せられて?長男ファミリーが両家の親を伊豆北川温泉に招待してくれるという感謝感激の旅でした。
土曜日の9:25新宿駅発のスーパービュー踊り子号にまずは埼玉ファミリーと長男の3人が乗車。

横浜駅からは神奈川ファミリーのうち長男の愛妻が乗車してきて和気あいあいと伊豆熱川駅へ。
駅近くの行列の人気店で海鮮たっぷりの昼食を取ってから宿のマイクロバスで北川温泉に向かいました。
しばらく待って神奈川ファミリーの両親と孫が車で到着して全員集合。

東伊豆の美観が広がる海岸線に建つリゾートホテルでまずは露天風呂から眼前の伊豆大島と海を眺めながら温泉にゆっくり浸りました。
夕食は、洋風に贅を尽くしたふんだんな海の幸を味わい、祝いの樽酒からワイン、日本酒をたっぷり満喫しました。

今回の伊豆旅行は両家のジジババ4人とも満と数えで緑寿ということに加えて、孫のYくんの1週間前の誕生日、さらにこれがメインイベントなんですが、長男カップルの晴れて正式な入籍祝いという、なんと3重におめでたいお祝いの会なのでした。
夕食後は部屋に移動して、埼玉から持参のボジョレー・ヌーボーで賑やかな二次会。
孫のYくんはバースデープレゼントのにんじゃゴーレゴ作りに没頭していました。

海に面した部屋の窓からは、満月間近の名月が海に光の帯を引いて幻想的でした。

翌朝は伊豆大島の上に昇るご来光に手を合わせてから、アジの干物付き日本の正しい朝食を食べてからゆっくりとチェックアウト。
ヤングカップルは車で東伊豆町役場を訪ねて結婚届けを提出。123のめでたいステップアップデートに待望の入籍を果たしました。
神奈川組は湘南マラソンの渋滞回避とレゴ作り優先でそのまま帰宅。

居残り組の新婚カップルと埼玉組のジジババは、伊豆熱川駅前のワニ園を見物してうどんそばの昼食を取ってから帰路に着いたのでした。
それにしてもこんなに祝いの重なるイベントは、私も初経験でした。
プランナー兼スポンサーである新婚カップルには心からのお祝いと感謝の気持ちでいっぱいです!!

| 隊長けん | モブログ | 17:01 | comments(0) | - |
水道橋駅から都会の紅葉

11月最後の駅からハイキングは、中央線水道橋駅から小石川後楽園、千鳥ヶ淵、北の丸公園から御茶ノ水駅まで、晩秋の紅葉を巡りました。

もう何回も歩いたルートではありますがまずは小石川後楽園へ。

入口前は見事な紅葉に彩られていましたが、この秋もう3回目なので園内には入りませんでした。

それでも程近くの牛天神北野神社は初訪問。境内の木々は小さいながら紅葉に染まっていました。
牛込から向かった神楽坂もすっかりおなじみになりましたが、東北アンテナショップがあったので手土産を買いました。

坂を上り下りして飯田橋駅を横目に東京大神宮から目白通りへ出て、九段下から靖国通りへ入ります。

皇居の内堀の紅葉と東京タワーを眺めながら、靖国神社はパスして千鳥ヶ淵をそぞろ歩き。

駅ハイルートに戻って代官町通りから北の丸公園に入りました。

陽射しに映える紅葉の鮮やかさに目を奪われて芝生園地の水辺のベンチでゆっくり休みました。
整備工事中の武道館脇から清水門を出て、共立女子大のキャンパス群と華やかな女子群を眺めながら?、神保町、神田駿河台の学生街を抜けて2時間半で御茶ノ水駅にゴールしました。

朝からどんよりの曇り空でしたが、後半は青空ものぞいて晩秋の都会の紅葉も十分に楽しめました。

| 隊長けん | モブログ | 17:24 | comments(0) | - |
平林寺の紅葉

自宅から徒歩圏の紅葉の名所、平林寺は毎年多くの見物客が訪れて大にぎわいになりますが、やはり一度は見ておきたいので、快晴の25日土曜日に散歩がてら訪ねました。

自宅前の小さな林も見事に色づいていました。

平林寺門前は午前中から人の波です。

境内の山門周辺が一番の見所で、カメラを手にした老々男女と子連れファミリーが感嘆の声を上げながら写真を撮っていました。

去年まで入れた鐘楼奥の紅葉スポットは、なぜか立ち入り禁止だったのは残念でしたが、今年もまた心に残る紅葉を楽しむことができました。

| 隊長けん | モブログ | 16:20 | comments(0) | - |
駅ハイ東川口と芝居見物

11月24日の金曜日は、また快晴の秋空の中を、自宅から30分ほどの武蔵野線東川口駅から埼玉高速鉄道の新井宿駅までの9キロを歩きました。
川口といえば古くはキューポラの街として有名ですが、日光御成街道の宿場町でもあり、東川口周辺は多くの寺社や公園があり、造園業も盛んで、この時期はまさに町中が紅葉に彩られている様相でした。

駅前からちょうど9時の受付開始と同時に歩き始めて、地下を走る埼玉高速鉄道に沿うように、西光院、戸塚中台公園、立山公園、三重塔の西福寺、興禅院、もみじ園、金剛院、赤山城跡と巡って、首都高速川口PAの高架を潜って源長寺に寄ってから11:30に新井宿駅にゴールしました。

午前中に早々とゴールしたには訳があって、この日は午後2時から、もう10年ぶりくらいの?芝居見物の予定があったのです。

先だって訪ねた北九州小倉の知夫里の常連でウルトラ駅伝の監督だったY田さんがご贔屓で知夫里のお客さんでもある女優の棚橋幸代さん出演の舞台が中目黒で上演されていて、私も案内をいただいたので、久々の観劇を楽しんだというわけです。

中目黒のウッディシアターという小劇場は座席数60ほどのミニシアターですが、その分舞台と観客がまさに手の届く近さで、出演者の熱気がダイレクトに伝わってきます。

声の色という舞台は、声優を目指す若者や一流になれない俳優たちの悲喜こもごもと夢に向かって一心に進む姿を、愉快痛快、ホロリ、ドッキリのドラマで描いていて、準主役の棚橋幸代さんなどベテランと若手たちの大熱演には感服しました。
映画もいいしコンサートも感動的だけど、生の芝居の熱気と迫力の素晴らしさをあらためて感じましたよ。
終演後はロビーで出演者が観客をお見送り。私はもちろん、棚橋幸代さんにご挨拶と握手してから劇場をあとにしました。

夕闇迫る中目黒駅前にはもうイルミネーションが輝いていました。

| 隊長けん | モブログ | 23:26 | comments(0) | - |
西日暮里駅から上野

21日に続いて22日の水曜日も駅ハイに参加。今度は都内シリーズの8回目で西日暮里駅から上野まで7.5キロを歩きました。

西日暮里駅はJRの山手線、京浜東北線、上野東京ラインや新幹線、京浜急行など多くの路線が通る鉄ちゃんビュースポットですが、私も線路を見下ろす紅葉の諏方神社の石段からしばし行き交う列車を眺めていました。

今回は下町風情あふれる谷根千めぐりがテーマですが、まずはひぐらし坂から道灌山、名門開成高校の坂道を下ってよみせ通り商店街。

さらに左に折れたところが夕やけだんだんでおなじみの谷中銀座商店街でした。

行列の店の昔ながらのコロッケを食べながら階段を上がって、日暮里駅前の細い石段からスカイツリーを眺めて谷中霊園へ。
ここもイチョウの黄葉が見事でした。

その先は千駄木に入ってうねうねした民家の路地を歩いてから、朱塗りの社殿と紅葉も美しい根津神社に参拝しました。
立派な寺院が軒を並べる寺町を歩いて、ヒマラヤ杉の大木を目印に江戸時代から続く酒屋、大正古民家カフェなどの歴史的景観を辿ってから上野の森へ。

東京芸術大学のレンガ門を通って、もう何度も訪れている上野公園に到着しました。

ここももちろん紅葉真っ盛りでした。

来年の大河ドラマの主役西郷ドンの写真を撮ってゴールイン。

私はそのまま上野広小路へ向かって、オープン間もない東宝シネマズで滝田洋二郎監督のラストレシピを観てから、地下鉄で人形町へ。
この日の私のラストレシピは、なじみの店和一でシュウさんと合流して絶品ぶりの刺身などに舌鼓を打ちながら生ビールとゆずハイ、お茶割り焼酎を満喫してから帰路に着きました。

| 隊長けん | モブログ | 10:44 | comments(0) | - |
上野原駅から桂川紅葉巡り

久しぶりの?駅ハイは、雲一つない秋晴れの中を、山梨の上野原駅から、紅葉に染まる桂川沿いと甲州街道上野原宿界隈を歩きました。
北口は山歩きのバスの発着所もあって何度も降りましたが、桂川橋が間近な南口は初めてでした。

駅前は整備工事の真っ最中で、狭い通路を通って桂川の遊歩道に出ると、与謝野晶子の歌碑と案内板が立っていました。

与謝野晶子は詩情豊かな桂川の景色を多くの歌に詠んだようで、コースのあちこちに歌碑がありました。
鶴川との合流地点には松留発電所があって、下流は相模川になるようです。

鶴川に架かる中央本線の高架を通過する特急あずさを写真に納めて街中歩き。
仲山川沿いには明治43年に造られて国の重要文化財にも指定された八ツ沢発電所の4本の長大な水路管が紅葉の山上から延びていました。
中央高速道路を潜って高台の上野原市役所でひと休み。

4階の展望室から富士山が間近に望めましたが、残念ながら前衛の山並みに遮られて真っ白なテッペンがちょっと見えただけでした。

甲州街道からの帰り道は上野原宿跡となって、それなりに昔ながらの賑わいをみせていました。
私も創業126年の老舗菓子店で酒まんじゅうと餡ドーナツを買いました。

街道沿いの牛倉神社は楓の赤といちょうの黄色の紅葉が陽射しに映えて見事な景観でした。

与謝野晶子ゆかりの桂川散策路を辿って、駅への帰り道から振り返ると、桂川を囲む木々の紅葉がまた素晴らしい彩りでした。
上野原駅へのゴールは13:45。3時間15分の歩行中、まさに雲一つない青空が広がって、桂川の清流と周囲の見事な紅葉と3拍子揃った自然の美しさを堪能できたハイキングとなりました。

| 隊長けん | モブログ | 17:31 | comments(0) | - |
うれしいニュース
11月半ばの1週間は駅ハイは小休止。
14日の火曜日に神田駅から歩き始めたんですが、雨に降られたので途中リタイア。みどりの窓口で12月の伊豆へのファミリー旅行のチケットを買って帰宅しました。
その後は、自宅で水道工事の立ち会いやガン検診と歯科治療の病院通い、アメコミ映画鑑賞の日々でした。
そんな中でのうれしいニュースは、私のご贔屓の歌手丘みどりちゃんが、なんと念願かなって初の紅白歌合戦出場が決定したのです!\(^^)/
映画館の席でNHKニュースをチェックしたら、ちょうど出場歌手発表の速報が入って、初出場組のトップに丘みどりちゃんの名前があって、映画そっちのけで?思わずウルウルしました。
すぐにブログにおめでとうコメントを送りましたよ!!(映画は本編開始前でした)。
その翌日は病院のあと、急遽横浜の和食店もりべに行って、みどりちゃんのアルバムを聴きながら、ご主人と同席のお客さんとも喜びを分かち合いました!(^-^)v
18日土曜日の久しぶりの山歩き計画は残念ながら雨天中止。
今週末はのんびり静養です。
| 隊長けん | モブログ | 17:18 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ