blog index

埼玉憲ジーの近場放浪記

2016年にサラリーマン生活から卒業して、窮々自適な年金生活に入りました。百名山と百観音もなんとかやり終えて、隊長けんの武蔵野レターもフィナーレ。家庭と懐事情から遠距離旅も引退やむ無しながら、せめて体が動くうちは、埼玉憲ジーの近場放浪記を続けることにしましょう。
亀戸天神梅まつり
98歳で大往生した父の3回忌が行われた3月5日は、お寺のすぐ近くにある亀戸天神の梅まつりだったので、ちょっと足を延ばしてみました。

赤い鳥居をくぐって太鼓橋を渡った池のほとりに満開の白梅が咲いていました。

まっすぐ本殿へ向かう先には二つ目の太鼓橋があります。その名の通り池の中にはたくさんの亀もいます。

本殿脇の社殿前にも白梅の木。

鳥居を挟んで咲く紅梅はもう盛りを過ぎたようです。

天神様の境内はスカイツリーの眺めもいいところです。

天神様とスカイツリーのツーショット。

 ちょうど受験シーズンだからでしょうか?…学問の神様への参詣者が行列をしていました。絵馬もいっぱいですね。
| 隊長けん | 東京 | 14:42 | comments(0) | - |
東京メトロまちさんぽ
2月20日の土曜日は、山仲間で職場の同僚でもあるやまちゃんに誘われて、東京メトロのウォーキングイベントに参加しました。

集合は毎日の通勤経路でもある有楽町線の桜田門駅。時間差で5組に分かれて総勢5000人参加の大イベントのようですが、我々はゆっくりと最終組の10時半スタートにしました。

受付でコースマップと参加賞のドリンクをもらって歩き始め。官庁街から虎ノ門方面へ向かいます。

やまちゃんともう一人は職場でやまちゃんとデスクを並べるKさんで、マラソン大好きの健脚者です。

何回も行ったことのある日比谷公園ですが、祝田通り沿いに噴水とこんなレンガの入口案内があったとは初めて知りました。

小雨降るあいにくの天候の中を3人で語らいながらぶらぶら散歩。増上寺門前から芝公園、東京タワーの下を進みました。

雨にけぶる六本木ヒルズはさすがの偉容です。

お隣のテレビ朝日本社前で私も記念写真に収まりました。

六本木からは青山通りに出て神宮外苑から表参道へ。もうこの先がまもなくゴールです。

雨の中だったのでまちなかの名所に寄り道もせずに2時間半で明治神宮前駅(原宿)にゴールイン。記念品をもらっておつかれさま。原宿とは無縁な中高年3人組は、勝手知ったる?池袋まで行ってハイボール1杯100円の居酒屋でなごやかに反省会を楽しみました。
 
| 隊長けん | 東京 | 11:20 | comments(0) | - |
墓参りからスカイツリー
退院してから職場の往復と休日も自宅で静養しながらのリハビリ生活が続いていて、シルバーウィークの5連休も遠出の計画はありませんでした。そんな時に限って?毎日絶好の行楽日和というのも皮肉なものです。
さすがに5日間自宅に籠りっきりというのもつらいし、少しは歩いたほうがいいだろうということで、敬老の日の21日に久しぶりに墓参りに行きました。

JRを乗り継いで12時過ぎに錦糸町下車。蔵前通りから亀戸天神の境内へ。太鼓橋の先にスカイツリーがくっきり見えました。

両親の眠るお寺は横十間川沿いにありますが、手を合わせたあとは川沿いの並びにある萩寺に立ち寄り。

萩とともに赤と白の彼岸花もちょうど見頃でした。

言問通りに出るとスカイツリーが大きく聳えて見えました。

そしてビューポイントの十間橋からの川面に映る逆さツリーもいつもながら見事な景観です。

そろりそろりとスカイツリーの袂まで足を延ばしました。天気も絶好だし、開業から2年半経っても未だに展望台に上がっていないので、今回こそは…と思ったのですが、なんと次の入場時間は夜の8時半まで7時間待ちということで恐れをなして、そのまま押上駅から帰宅しました。リハビリウォーク8,252歩でもうリミットです。
| 隊長けん | 東京 | 16:51 | comments(0) | - |
人形町と谷中
7月に入ってなにやら夏風邪が長びいてセキやら鼻水やらが止まりません。薬の世話にもなってるし、やはり年のせいですねえ(-_-;)
6月末は小倉の大将夫妻の東京見物引率、先週は兄弟そろっての緊急会議で山梨と、しばらくアイウトドアとは無縁な日常ですが、この週末もまた東京下町散策となりました。

市谷から都営新宿線に乗り換えて浜町下車。駅に降りたのも初めて、駅からすぐの明治座も入ったことはありません。 

実は、私のお気に入りの歌い手、石川さゆりさんの舞台があって駆け付けてきたというわけです。
去年も一度ステージを見てすっかりファンになってしまったんですが、今回は明治座の座長公演というだけあって、一部がお芝居、二部がオンステージのワンマンショーという構成です。

開演したら写真撮影禁止、というわけで開演直前の舞台を撮りました。こんな高いところからのショット…そう、私の席は3階席の最後列だったんですが舞台との距離も近いので文句なしです。
舞台も一部の「長崎ぶらぶら節」もほろりとさせる筋立てで見事な熱演。二部のオンステージはまさに日本で一番の歌い手(だと思いますよ!!)の真価を十分に味合わせてもらいました。正味3時間20分の豪華2本立てで5000円なら言うことなしの最高のステージでした。

舞台がハネた後は人形町までのそぞろ歩き。数百メートルの通りは甘酒横丁と名付けられて、婦人用品の店やら懐かしい食べ物屋などが軒を並べて下町情緒たっぷりです。

ここ、浜町藪そばは池波正太郎が明治座舞台の仕事(彼は新国劇の脚本書きだったんですね)たびに通ったという日本そば屋。私もイタワサに天ぷらをつまみにビールと冷酒を味わって、さらに親子煮を食してから仕上げにセイロをごちそうになりました。

いい心もちになってブラブラと横丁散歩。草加屋ではついまたお煎餅を買ってしまいました。
最近この界隈はテレビドラマの「新参者」の舞台になっているとかで、この店でも「ドラマに出たせんべい」が売られていました。

行列のできるたい焼きの店「柳や」でおみやげを買いたかったんですが、ホントに大行列だったのであきらめました。そして甘酒横丁のゴールは人形町駅。その駅前には行列のできる親子丼の名店「玉ひで」がありましたが、親子丼はランチだけなのでパスしました。

これでおしまい、のつもりだったんですが、石川さゆりさんのステージで「夕焼けだんだん物語り」のコーナーがあって、谷中の駅前商店街がモデルということだったので、ついでに秋葉原から日暮里に出て途中下車しました。

日暮里も初めての下車でしたが、北口からすぐのところが東京の下町の代表ともいえる谷中なんですね。そしてその商店街に続く道に石段があってちょうど夕日が沈むころ夕焼けに染まる、ということで夕焼けだんだんと呼ばれているようです。

時間はもう6時過ぎでちょうど夕焼けの頃。じとじと続きだった空もこの日は晴れて絶好の夕焼け日和だったんですが、夕日は太陽に隠れて空がオレンジ色に染まる…ところまでにはなりませんでした。それでも物語のとおり野良猫がのんびり横たわって、駄菓子や惣菜の店が立ち並ぶ谷中商店街はやはり由緒正しき東京の下町情緒たっぷりでした。

素敵な女性、いい舞台、いい歌、いい味、いい街歩きを楽しめた幸せな一日でした。
| 隊長けん | 東京 | 14:25 | comments(0) | - |
目黒鬼平散歩
 3月最初の土曜日は先週と同じく雨になりました。
会社の同僚との金時山登山はまたしても中止。来週からはほかの予定があるのでもう計画はお流れになりそうです。
雨足はさほどでもなかったので、昼過ぎに自宅を出て埼京線から14時には目黒駅西口に降り立ちました。今日の散歩コースは2月の麻布から目黒までの剣客商売散歩に次いでまた池波正太郎の世界。鬼平犯科帳ゆかりの地をのんびりと辿りました。
行人坂
駅前からすぐ行人坂を下っていくと間もなく堂々とした造りの大円寺です。
大円寺
ここは江戸後期明和の大火事の火元で境内には犠牲者供養の釈迦仏と五百羅漢像が据えられていました。
目黒川
目黒川に架かる太鼓橋からの眺めですが、両岸には延々と桜の木が植えられていました。もう半月もすると見事な光景なることでしょう。
山手通りから目黒不動尊の参道へ入ってまもなくの道沿いに蛸薬師とも呼ばれる成就院があり庭には梅や椿が見事に咲いていました。
成就院
たこを多幸とかけて願いが成就するなんていかにもご利益ありそうな名前ですね。
参道を右に曲がると仁王門から広い境内の石段の先に江戸時代の代表的な名所のひとつでもあった目黒不動尊に到着です。
目黒不動尊
回廊
開山は平安時代に遡る古刹ですが、徳川家光に庇護されて大いに繁栄することになったとのことです。このあたりは池波正太郎の小説にひんぱんに登場してくる世界です。
昆陽墓
目黒不動尊の裏手の墓地にはさつまいもを日本に広めたことで有名な青木昆陽の墓がありました。甘藷先生とも記されていましたが仏花も新しくそれなりに人気スポットなんでしょうか。私はおいしい芋焼酎が飲めることを感謝して手を合わせました。
五百羅漢寺
参道に戻って5分ほどでまさにリアルな羅漢像が境内の建物を埋め尽くしている五百羅漢寺を見学してから、これも江戸名所図絵に残る山手通り沿いの幡龍寺、大鳥神社を巡ってから権之助坂を上って目黒駅に向かいました。
そして最後の名所は、食通で知られる池波正太郎お気に入りのとんかつの名店「とん喜」です。
とん喜
午後4時開店の店なのでちょうど時間を合わせて歩き始めたというわけです。4時10分過ぎに入った店はあっという間に満席になりました。私はロースかつと串かつをもちかえりにしてもらって30分待つ間はビールとおしんこで散歩の余韻を楽しみ活気のある店内を眺めていました。
さてそろそろ夕飯です。池波正太郎の愛したとん喜の味を堪能することにしましょう。
| 隊長けん | 東京 | 18:57 | comments(0) | - |
仲間との集い
先週は大阪出張から足を延ばして初めての福井紀行でしたが、今週末はプライベートで東京へ行ってきました。
金曜日の会議を終えて夕刻の飛行機で羽田へ。博多から空港まで地下鉄でたった2駅の近さは助かります。18時には築地に到着しました。
その晩は、もう30年も通っている気のいいご夫婦の居酒屋「まなびや」が1ヶ月ほどで閉店の話しを聞いたので、私の気の合う築地村の仲間たちを誘って名残の宴を楽しみました。
博多から芋焼酎とめんたいこを持参。築地の味まぐろのなかおちやいかげそ、絶品のアジフライに牡蠣いり味噌豆腐鍋などこの店の思い出の味を堪能しました。
よき店、よき味、よき仲間、よき酒との至福の時間に酔いすぎたせいか、せっかく持っていったデジカメをカバンにしまったまま帰ってしまったのが心残りです。
でもまあ、いい思い出は心の中にしっかりと残しておくのもいいかもしれませんね。
ご夫婦には是非福岡で再会したいですね。お待ちしています!!

そして土曜日は大学時代のサークルの45周年パーティーに参加してきました。
もう卒業して34年経ちますが、当時の同期仲間とは今でも親交があります。昨年11月に訪ねた四国・高松の友人も今回出席していました。
私は気ままな一人生活の普段の罪滅ぼしに??サークルの1年後輩だったかみさんとそろっての出席となりました。
看板
当時は大学に4つしかなかったテニスサークルで最弱だったこのクラブも、今では数え切れないほどある?サークルの対抗戦で2連覇しているほどになったとか。たいしたもんです。我々の頃はコートにいるよりマージャンやってる時間のほうが長い連中が多かったですね。まあ私のようなナンパ?もいたわけですがひやひや

同期
このテーブルが74年卒業の同期たちです。45年の世代全員で160人が出席した今回のパーティーですが、我が同期は10人。今も音信のあるメンバーの半数は出席しました。なかなかの結束力ですよね。
このあとはちょうど入学試験中で残念ながら立ち入り禁止だったキャンパスの正門近くの寿司屋で同期会。あらためて気のおけない仲間との懇談を楽しみました。
私のかみさんは?…1年下の同期組と別の2次会場で懇親を温めたようです。メデタシメデタシ!!

さて、これで遠征の旅は当分なし。また来週からぼちぼちと九州の春の訪れが感じられる週末ライフを楽しむことにしましょう!!
| 隊長けん | 東京 | 18:46 | comments(0) | - |
出張帰り
淀屋橋
土曜日から東京〜大阪へ行ってきました新幹線
もちろん仕事だけど、日曜は母の1周忌もあって兄姉ファミリー14人が集まってなんとなくケジメがついたかなという感じ。
東京では3社の株主総会に出て関連会社の役員も辞任。もう戻る場所はありません?(-_-;)
大阪では初めて中ノ島を訪問。写真は淀屋橋からの土佐堀川です。ここでも関連会社にごあいさつ。事務所はフェスティバルホールと同じビルでしたるんるん
さてとこれからは公私ともどっぷりと九州人生活に浸ることにしましょう。手始めに?またあさってから1泊で沖縄出張です(沖縄って九州?…ですよね!?)。沖縄はファーストビジットです。生まれてこの方46都道府県への立ち寄り記録があったのでこれでようやく全国制覇達成です(^^)v。もちろん!仕事だけど週末にはまた沖縄レポートをお届けします晴れ楽しい

| 隊長けん | 東京 | 22:10 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ