blog index

埼玉憲ジーの近場放浪記

2016年にサラリーマン生活から卒業して、窮々自適な年金生活に入りました。百名山と百観音もなんとかやり終えて、隊長けんの武蔵野レターもフィナーレ。家庭と懐事情から遠距離旅も引退やむ無しながら、せめて体が動くうちは、埼玉憲ジーの近場放浪記を続けることにしましょう。
<< 春本番だというのにねえ | main | 飯能新緑ツーデーマーチ >>
桜の季節からGWまでの日々
今年の春は、なんと大腸癌手術という大事件があったので、外出もままならない日々が続きましたが、それでも身の回りのあれこれを写真に収めてみましたのでご覧ください。

大腸がんがみつかって4月の入院手術が決まったので、今のうちに美食の食べ納め?ということで3月下旬の土曜日に横浜の料理屋「もりべ」を訪ねてうに、あわび、車海老、ふぐ白子、焼き牡蠣にクエとかます、仕上げに鯖寿司までご馳走になりました。

職場の同僚との入院前最後のランチは…やはりうな重にしました。

開花から寒さが続いた桜も3月末にようやく満開へ。

4月2日の土曜日は残務整理で出社してから六本木の新国立美術館へ。桜が満開でした。

先輩OBが毎年100号の大作を出展していて、今年のムラーノ島水紀行も見事な油絵でした。

4月4日は年に1回の仙台出張へ…すみませんこの車両は隣りホームの北陸新幹線ですが…仙台はまだ桜はボチボチでした。手術前で牛タンも寿司も食べられなかったのが残念!

4月5日は静岡へ出張。駿府城の桜は例年より遅れたようで、ちょうど満開でした。

そして4月6日は入院日。築地川公園の桜も満開です。

タワーを背景にした聖路加看護学校の桜も見頃です。

そして私が入院する聖路加病院の病棟へ……

正面玄関で一応記念写真?を撮りました。なにやら入院というよりハイキングモード??

完全個室の病室からはビルの間に隅田川が見えました。

室内はいたってシンプルですが、シャワー、トイレ、洗面所付です。

隅田川沿いの桜は散り始めながら、まだまだ見頃で気分を癒してくれました。

入院翌日の4月7日に腹腔鏡手術でS状結腸を30センチ切りましたが、翌日からすぐに歩行練習も始めました。4日ほどはお腹からの管をつけたまま点滴だけだったので体重が5キロ落ちました。

手術から5日目にようやく重湯の食事になって、その後3分粥、5分粥から全粥に移りました。

病院の6階には屋上庭園があって、好天の朝に散歩しました。

入院から6日目に、差額ベッド代なしの部屋が空いたので移動しました。隅田川の眺めはありませんが安いのが一番です。

ぼちぼち退院の頃ですが、まだなんとなく体に力が入らずやつれていますね。それでも術後の経過は順調だったので入院生活は9日間で4月14日に退院することができました。

しばらく自宅で静養してから職場にも復帰。退院3日目に自宅から近い野火止用水遊歩道を散歩しました。

もうとっくに桜は散りましたが、鮮やかな真紅のつつじが用水の畔を彩っていました。

4月29日から世の中はゴールデンウィークに入って天気もまずまずでしたが、私はまだまだ静養と体力回復トレーニングの日々。
自宅から徒歩30分のシネコンに行った道すがらの柳瀬川の風景です。

また野火止用水散歩中に、ちょうどサギが水浴び?…水飲み?…食事中?の場面に遭遇しました。

GW後半の5月3日には、都内まででかけてみました。まずは今年11月に豊洲に移転する築地市場まつり会場へ。


なんと15万人が来場したという場内は大混雑で、私が着いた昼過ぎには食べ物はほとんど完売でした。

せっかくなので、みやげを買って、熊本地震義捐金の募金箱に気持ちだけ納めて、市場の守り神にも参拝しました。

神社からの場内風景ですが、とにかく人の波がすごかったです。

築地から都バスに乗って錦糸町へ。亀戸天神では藤まつりが行われていましたが、もう盛りは過ぎたようです。

それでも藤棚から大きな藤の房が垂れ下がっていてあでやかさを堪能することができました。

藤棚からのスカイツリーです。

天神様近くの寺で父母に大腸がんからの無事生還を報告してからスカイツリーまで散歩。北十間橋からおなじみの逆さツリーです。風で波立ってますけどね。そのあとは人形町の居酒屋「和一」に足を延ばしてガン仲間?3人で無事を祝いました。

GWも最後の土曜日5月7日に、久しぶりに北鎌倉まで遠出して、足慣らしの六国見山ハイキングをしました。駅から20分ほどで登山口です。

鎌倉の裏山に延びる遊歩道ですが三等三角点もありました。

雑木林を抜けたところにこんもりの丘が山頂です。駅から40分で到着。

それでも山頂からの眺めは上々で、鎌倉の海が広がって、右手にはうっすらと富士山も見えていました。

振り返って木々の間には横浜市内が一望。ランドマークタワーがはっきり見えました。

自撮りで山頂写真…少しは顔色もよくなってきたでしょうか!?

山頂には六国見山からの展望図もあってなかなか立派なものです。

下山の森林公園内には記念物の夫婦桜の木がありました。1本の幹がふたつに分かれているところが由来のようです。

15,000歩リハビリハイキングのあとは、横浜で途中下車。3月に最後の?晩餐を満喫した料理屋「もりべ」でご主人と感激の再会。今日もこれでもかというほどのご馳走をいただきました。

ほたて、ふぐ白子に桜エビのかき揚げなどなど。今日はご主人が孫たちと作ったコロッケと春巻きも特別メニューに加わって格別の味わいでした。これでことしのGWはおしまいですが…入院手術生活があった割には、それなりに楽しんでいたような気もしますね。
| 隊長けん | 日常 | 15:58 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:58 | - | - |
コメント
S字結腸を30センチも切ったんですか。入院前の豪華な食事にも拘わらず入院中の隊長、やはりやつれてますね。内視鏡手術とはいえ体には大きな負担だったんですね。もう、ハイキングもアルコールも再開したようですが、御身大切に。
| ぬま | 2016/05/26 12:28 PM |
コメントする


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ